現在表示しているページ
ホーム > 教育制度 > 中途採用者・潜在看護師への支援
ここから本文です

中途採用者・潜在看護師への支援

年度途中に採用された看護職員が、スムーズに職場へ適応できるように約1週間の研修を計画しています。採用後1ヶ月後にキャリア開発センター職員が面接をし、職場になじんでいけそうか、困っていることはないかなどについて話を聞き、継続的に職場への適応を支援していきます。
また、潜在看護師を対象とした復職支援も実施しています。

採用後の研修プログラム

内容

オリエンテーション

  • 病院、看護部の概要
  • 教育体制
  • 安全管理
  • 感染対策
  • 看護記録・重症度、医療・看護必要度
  • 電子カルテの操作
  • 褥瘡管理

配属予定部署での研修

スキルチェック(自己評価)

  • 看護キャリアセンター職員もしくは看護部人事担当者と面談(スキルチェックの結果確認)
  • 看護技術の確認(スキルスラボ)

配属部署での看護実践

看護キャリア開発センター職員との面談

潜在看護師の復職支援

対象 看護師資格をお持ちで、結婚や出産など様々な理由で現在仕事から離れている方。
離職年数や経験は問いません。
費用 無料

プログラム構成(項目)

1.講義:最近の医療・看護の動向

  • 患者の人権
  • 個人情報保護
  • 看護必要度

2.講義:医療安全管理

  • 医療安全に関する基本的な考え方
  • 実際に行われている医療安全対策
  • 事故発生の対応

3.講義:感染予防と感染対策

  • 感染管理の動向
  • 感染予防の実際

4.職場復帰とメンタルヘルス

5.看護技術の実際(講義と演習)

  1. 採血
  2. 静脈注射の準備、翼状針の穿刺と固定
  3. 輸液ポンプの取り扱い

6.院内見学・復帰相談(希望者のみ)

復職支援についてはこちらのページに詳細をご紹介しています