本郷 正武 (Masatake HONGO)


  所属:医学部教養・医学教育大講座 医療社会科学教室
  職 :准教授

略歴


現在の研究

    ○HIV/AIDSの医療社会学
     ・いわゆる「薬害HIV」感染被害者の評伝制作【文部科学省科学研究費:若手研究(B)2012年度~2014年度】
     ・日本の血液事業(とりわけ血漿分画事業)のあゆみ【文部科学省科学研究費:基盤研究(B)2012年度】
     ・「薬害教育」に資する「薬害」概念の多声的記述【文部科学省科学研究費:基盤研究(B)2013年度~2015年度】
    ○日本のスローフード運動の展開【文部科学省科学研究費:基盤研究(C)2011年度~2014年度】

おもな業績

  1. 『HIV/AIDSをめぐる集合行為の社会学』ミネルヴァ書房(2007年)
  2. 『医師と患者のライフストーリー』(輸入血液製剤によるHIV感染問題調査研究委員会編)(2009年)
  3. 「「良心的支持者」としての社会運動参加――薬害HIV感染被害者が非当事者として振る舞う利点とその問題状況」『社会学評論』62(1): 69-84頁(2011年)
  4. 「血友病補充療法の進展にみる医師役割の変質――「医療化」の観点からの検討」『ソシオロジ』183: 81-99頁(2015年)
  5. 「医師養成教育での社会学の位置づけ――「薬害教育」からの展開可能性」『現象と秩序』4: 39-56頁(2016年)

2016年度担当科目


入会学会


連絡先


by Masatake HONGO

このページは医学部教養・医学教育大講座の責任で作成されています

Apr 25, 2016