和歌山県立医科大学国際交流センター
| ENGLISH | JAPANESE |

留学生の体験談

体験談

基礎配属University of California Davis留学体験記
田中菜穂子

私は基礎配属で2ヵ月間アメリカに滞在し、California大学Davis校のDr. Min Zhao laboratoryで研究しました。アメリカでの経験と思い出は私にとってかけがえのないものとなりました。
私の通っていた研究室は皮膚科の基礎医学について研究しており、Electrotaxisという分野を扱っていました。Electrotaxisとは負傷し組織が破壊された際、細胞内外で電気が生じ、その電気の流れや電場の向きに従って細胞が移動するという考え方です。臨床的には従来の治療法とElectrotaxisを応用したElectric therapyを組み合わせることで、難治性や慢性の皮膚疾患の新たな治療法を確立したり、より効果的な治療法を開発したりすることが期待されています。またElectrotaxisをもとにした細胞移動についての研究は、発生過程やがんの転移の仕組みの研究にも繋がります。この研究室の主な研究内容は細胞移動と創傷治癒でした。
私は中国人の研究者YanさんのProjectに加わり研究させて頂き、「Size dependency of EF-induced collective cell migration」すなわち、電場のある環境において細胞集団の移動に対しどのように細胞集団のサイズが影響するかについて研究しました。短い期間でしたが、研究の一連の流れについて把握することができました。さらに2週間に1回のラボミーティングで研究者たちの発表を聞き、研究分野についての知識を広げたり、英語での発表の仕方を学んだりしました。私の通っていた研究室は中国人7人と、日本人、ポルトガル人、スイス人の合計10人で、そこにVisitorとしてベルギーの医学生、韓国のPhD、私が加わっていました。毎日様々な国の出身の方と交流できたのが本当に嬉しかったです。また、ボスのMin Zhao先生のお宅に招待して頂き、ラボメンバーおよびその家族全員でChinese New Yearを祝いました。日本のお正月と似ている点や異なる点があり、とても興味深く、また手作りの餃子や肉まんは美味しくとても貴重な体験ができたと思います。
2ヵ月の間にたくさんの人との素晴らしい出会いがありました。その中でも一番はホストファミリーだと思います。ホームステイ先での食事・団欒が日常生活の中では最も楽しく心地よい時間でした。毎日楽しみながら英語を練習し向上することができました。週末になると、小旅行に連れて行って下さったり、テニスをしたり、パーティーを開いたり、一緒にお料理したりとActivityを楽しむことができました。
留学期間中、日本人の高田先生、泉谷先生にはたくさんお世話になりました。この素晴らしい先生方の助力なしにはアメリカでの基礎配属は成り立たなかったと思います。留学前に準備を手伝ってくださったり、留学中はご飯やNBAの試合に連れて行って下さったり、お別れ会を開いて下さったりと配慮して下さいました。
人との出会いに加えて、アメリカではたくさんの発見がありました。人種のるつぼ、または人種のサラダボールとよく言われますが、多種多様な人たちがそれぞれの文化を持ち同じ空間で共存している環境は日本にはなく新鮮で、刺激を受けました。また農地の広大さ、家や道路の広さから感じるアメリカの圧倒的な国土の広さ、日本との食生活の違い、カリフォルニアでの水不足の現状、貧富の差に伴い治安の良い所と悪い所が混在していることなど、実際に見て体で感じて知ることができました。この様々な発見のおかげで、自分の視野をさらに広げることができ、また物事の捉え方、考え方などが変わったと思います。
研究、人との出会い、環境の違いなどを中心に書かせて頂きましたが、文章には書ききれない多くのことを経験することができました。
最後に今回の基礎配属においてお世話になった方々に心から感謝したいと思います。研究室のボスであるMin Zhao先生、研究室で最もお世話になったYao-hui先生とYanさん、アメリカでの研究をサポートし配慮して下さった高田先生と泉谷先生、いつも温かく迎え入れ素晴らしい家庭を提供して下さったAntonご家族、基礎配属が始まる前から終わるまでずっとサポートして下さった国際交流センターの林さん、国際交流センター長の前田先生、共に助け合った友人たち、日本で応援してくれた家族、その他私に関わって下さった多くの方々のおかげで、2ヵ月間充実した毎日を送り多くのことを学ぶことができました。海外基礎配属によって得られた経験をこれからの生活や医師への道のりに活かしていきたいと思います。このような機会を与えて下さり本当にありがとうございました。

 

 

copyright(c)2008 wakayama medical university, all right reserved