医局の紹介

概要

当附属病院における基準病床数は35床であり、冠動脈疾患をはじめ、心不全、不整脈、心筋症、弁膜症、血管疾患などの循環器疾患全般を担当しています。
外来、入院患者さんに対してはまずPhysical Examinationに重点をおいた非侵襲的な評価診断を基本とする姿勢をくずさないように心がけています。
しかしながら、診療の上で侵襲的検査が必要なときは、最先端医療を駆使し、よりたくさんの情報を確実に集約し、患者さんひとりひとりの病態を評価することで、最適な診療に結びつけるよう精進しています。
また、大学病院の特色を生かして、他科(特に心臓血管外科や小児科)との連携を柔軟なものにし、全人的な診療を目指しています。
医局の紹介 和歌山県立医科大学循環器内科

このページ 医局の紹介 概要 のトップへ

NEXT