〒641-0012 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1 TEL 073-441-0661

| 和歌山県立医大学

HOME > 教授から > The art of medicine-若き心と腕に期待して

Derma Dream

 2015年5月29日から三日間、横浜において第114回日本皮膚科学会総会学術大会を主催することになりました。多くの学会のように、学会の主張を掲げてプログラムをくみます。前年の第113回は、皮膚科の職人魂という、極めて印象深いものでした。私は、会頭に選出され時点で、学会のテーマを迷うことなく、Derma Dream「皮膚科の夢」と即決いたしました。5つの文字を並べ替えるとdreamにもなりdermaにもなります。実はこのテーマは和歌山県立医科大学皮膚科のテーマで、和歌山労災病院皮膚科部長の中村先生が10年以上前に考案してくれたものです。 和歌山県医師会、和歌山医大、和医大皮膚科はそれぞれUnionの規模、強さ、絆はそれぞれ異なり、そこに伝統、独自性や団結が生じます。すなわち、同科・同門ということは、ある共通のDNA(伝統、科学性)をもつ集団と解釈されます。「受け継がれ進化するDNA」をモチーフとした「シ ンプルで清潔感のあるカチッと結束した感じ」のロゴがここに印刷されたものです。DERMAとDREAMを異なる配色(正統ブラック&爽やかグリー ン)で並列してDNAの二本鎖(Double strand)に見立て、二つのDを斜めに重ねて融合することで二重らせん(Double helix)がイメージされています。互いに相補的に対をなすEとR、MとAは塩基配列を表現し、MはMedical(臨床)、Aは Academic(研究)、EはEducational(教育)、RはRegional(地域)の象徴と捉えると、すべてDすなわち Dermatology(皮膚科学)とDream(夢)へとつながります。 

dermadream  

 教育、臨床、地域医療、研究において、患者、学生、医師、医療関係者、地域住民・国民ひいては世界中すべての人にとって最も大切な事はdreamを持ち実現に向かって努力する事です。医療人の夢は、サイエンスを絆にして、心身ともに長寿、健康、笑顔を共有することです。

神人正寿教授

皮膚科教授:神人 正寿

教授から

学歴及び職歴

皮膚科に興味がある
学生・研修医の皆さん

教育方針

皮膚科学は難しくない

Derma Dream

 

古川 前教授のページへ

▲ ページ先頭へ
アンダーライン