現在表示しているページ
ホーム > 活動報告 > 第8回 和歌山呼吸ケアセミナー

第8回 和歌山呼吸ケアセミナー

 下記の通りセミナーを開催しますので、ご案内申し上げます。

 今回のテーマ:「呼吸ケアチームは呼吸トラブルの救世主となるか」
 NPO和歌山人工呼吸安全推進機構が発足して第2回目となるセミナーですが、今回は病院内での人工呼吸貴関連トラブルの現状と対応を、呼吸ケアチームの活動を通して考えてみようと思います。入院患者さんの予期しない死亡事例には、昨年より医療事故調査制度が発足しており、人工呼吸法を受けておられる重症患者さんもその対象となり得ます。最悪の結果には至らなくとも、呼吸ケアは常に小さなトラブルと隣り合わせであることを認識し、それぞれの職種毎によりよいケアが実践できる参考になるセミナーにしたいと思います。多くの皆様の参加をお待ちしております。

当番世話人 和歌山県立医科大学 救急集中治療医学教室 加藤正哉

開催概要

  • 日程

    平成28年2月20日(土) 13:00〜16:50(開場12:30〜)

  • 会場

    和歌山県立医科大学 高度医療人育成センター5F

    → 大学までの交通アクセス TEL:073-447-2300 (病院総合受付)

    ※講堂ではなく、高度医療人育成センターという新棟で開催しますので、お間違いなきようお願いします。開催は土曜日ですが高度医療人育成センター1F入口より入ることができます。高度医療人育成センターの位置については下記PDFをご参照下さい。

    大学構内の高度医療人育成センター位置案内

  • 内容
    • 13:00 開会の挨拶 当番世話人代理:木田 真紀 先生 和歌山県立医科大学 救急集中治療医学教室
    • 13:05 パネルディスカッション 座長:木田 真紀 先生 和歌山県立医科大学 救急集中治療医学教室

      『呼吸チームにおける看護師の行動と役割』
        演者:柏木 良子 先生 新宮市立医療センター 看護師
      『南和歌山医療センターにおける呼吸ケアチーム活動の現状』
        演者:井上 潤 先生 南和歌山医療センター 救急科 看護師
      『RSTの成果と問題点』
        演者:笠井 雅博 先生 日本赤十字社和歌山医療センター 集中治療部 看護師
      『RST介入による病棟看護師の行動と変容』
        演者:穴井 聖二 先生 和歌山県立医科大学附属病院 救急集中治療部 看護師

    • 14:20 <休憩>
    • 14:35 特別講演 座長:辻本 登志英 先生 日本赤十字社和歌山医療センター 集中治療部
    • 『呼吸ケアチームが医療安全に果たす役割』
        演者:中山 美代子 先生 和歌山県立医科大学 医療安全推進部 GRM

    • 15:10 閉会の挨拶 辻本 登志英 先生 NPO法人 和歌山人工呼吸安全ン推進機構
    • 15:20 ハンズオンセミナー(マスクフィッティング・拘束/閉塞体験:下記事前登録にて先着30名まで)
    • 16:50 終了
       

参加要項

  • 参加費
  • 1,000円 (当日会場にてお支払い下さい)

    • 参加職種

      医師・看護師・臨床工学士・理学療法士 など

    • 定員
    • 150 名 

      • 参加応募方法
        1. セミナー全体(定員150名):事前登録をFAXでお願いします。
            
        1. ハンズオンセミナー(先着定員30名):以下の参加申し込みフォームから応募お願いします。定員に達した後、お断りのメールを送らせていただく場合がございます。
            https://jp.surveymonkey.com/r/DL5YRMH
  • 連絡先
  •  本セミナー専用のメールアドレス w-kokyuu@wakayama-med.ac.jp へお問い合わせ下さい。

  • 個人情報保護について
  •  参加登録などで収集させていただきました「氏名」「所属」「Eメールアドレス」などの個人情報は参加情報の管理に利用いたします。本目的以外には使用することはございません。本セミナー終了後は一切の情報が外部に漏れないよう管理を徹底いたします。

このページのトップに戻る