現在表示しているページ
ホーム > 教育内容の紹介 > 医学生の皆さんへ

医学生の皆さんへ

2015年度 救急集中治療医学 4年生学習目標

I.一般学習目標

 医療全体の中での救急医学の役割を認識し、生命危機に値する生体侵襲と病態生理を理解できる

II.個別学習目標

1.救急医学総論
  1. 救急医療システムが理解できる
  2. 救急医療の歴史を理解し地域における救急医療の問題点を把握できる
2.病院前救急医療
  1. メディカルコントロールについて理解できる
  2. 救急救命士の役割が理解できる
  3. ドクターヘリコプター・ドクターカーの役割が理解できる
3.心肺蘇生
  1. BLS・ALSが理解できる
4.外傷
  1. 外傷診療の仕組みとその手順が理解できる
  2. 病院前、病院内での診療ガイドラインが理解できる
  3. 頭部・胸部・腹部・四肢外傷に対する緊急対応が理解できる
5.生体侵襲と重症病態
  1. ショックの病態と分類が理解できる
  2. 重症呼吸不全の病態と分類が理解できる
  3. 急性腎不全の病態が理解できる
  4. 多臓器不全の病態が理解できる
6.重症病態に対する集中治療
  1. 人工呼吸器の適応と設定が理解できる
  2. 血液浄化法の分類と適応が理解できる
  3. 補助循環の適応が理解できる
7.救急特殊疾患
  1. 急性中毒のスクリーニングと初期治療が理解できる
  2. 熱傷の病態と全身管理が理解できる
  3. 熱中症・偶発性低体温の病態と治療が理解できる
8.Acute Care Surgery
  1. 急性腹症の鑑別と病態が理解できる
  2. 緊急手術・緊急内視鏡の適応と処置が理解できる
  3. Damage Control Surgeryの概念が理解できる
9.災害医療
  1. 集団災害の定義と概念が理解できる
  2. 我が国の災害医療対応システムが理解できる
  3. トリアージが理解できる

2015年度 救急集中治療医学 臨床実習

I.目標

1.一般教育目標

 基礎医学および臨床医学などで広く修得した知識を基に、救急診療の特徴を理解し、重傷病態に対する集中治療の概念を習得する。

2.個別行動目標
  1. 救急患者からの的確な病歴聴取ができる
  2. 指導医のもとで救急患者の、気道・呼吸・循環・意識を評価できる
  3. 指導医のもとで救急患者から理学所見をとり、必要な緊急の検査をあげることができる
  4. 問診、理学所見、緊急検査から救急患者の鑑別診断を行い、適切な治療法方針をたてることができる
  5. 重傷病態や、臓器不全を診断して、人工臓器を含む必要な集中治療手技が理解できる
  6. 病院前救急医療体制の現状を把握して、説明することができる
  7. ドクターヘリコプターに搭乗実習ができる

II.指導教官

 教授(加藤正哉)、講師(上田健太郎・木田真紀)、助教(岩﨑安博・島 幸宏・岡田基宏・橋本忠晃・米満尚史・川副 友)

III.スケジュールの解説

1.ベッドサイド実習(ICU)

 ベッドサイド実習は、ICUで初期臨床研修医とともに外傷、熱傷、中毒、急性腹症、脳死、脳出血、脳梗塞、不整脈、心不全、肺炎などの患者のうち一人をうけもち、観察、処置、について実習する。当番日に新規入室した症例1例を選び、集中治療についてのレポートをまとめる

2.外来実習(ER)

 2週間のうち2回の救急外来勤務を行い、指導医・後期研修医の下で救急初療の実践・実習を行う。2回のうちの1回は24時間の当直実習とする。経験した症例のリストを作成し、考察を加えて提出する

3.救急車同乗実習

海南市消防本部による救急車同乗自習を行う。2週間のうち1回海南市消防本部で24時間待機し、すべての救急出動に同乗して現場見学を行う。経験した出動事例のリストを作成して提出する

4.回診、クルズス

月曜日と金曜日は、グループ全員を対象として、心肺蘇生や外傷初療の講義・実習を行う

IV.評価

 ER症例レポート30%、ICU症例レポート20%、消防署実習報告書10%、諮問40%

2015年度 救急集中治療医学 BSL(選択)臨床実習要領

I.目標

1.一般教育目標
  1. 救急患者の病態を把握し対処するための知識を深める
  2. 重症患者の病態を把握し、治療・処置が行えるように知識と技術を深める
2.個別行動目標

 個々の希望により以下の2つのコースから選択する

  1. 救急外来実習コース
    主として救急外来で実習を行い、救急患者の病態を把握し対処する技術を習得する。場合によりドクターヘリの同乗実習を行う
  2. 集中治療実習コース
    主としてICUにおいて重症患者の病態把握と治療、それに必要な処置を習得する。場合によりドクターヘリの同乗実習を行う

II.指導教官

 教授(加藤正哉)、講師(上田健太郎・木田真紀)、助教(岩﨑安博・島 幸宏・岡田基宏・橋本忠晃・米満尚史・川副 友)

III.実習内容

  1. 救急外来実習コース
    原則として、臨床研修医と同様に昼夜を問わず来院する救急患者の対応にあたる。臨床研修医とともに診察を行い、基本的手技(動脈採血・静脈路確保・胸骨圧迫など)については指導医のもとで経験する。侵襲の大きな処置については見学・介助を行う。また、希望があれば南和歌山医療センター・岸和田徳州会病院など他施設で数日間実習することも可能である
  2. 集中治療実習コース
    初期臨床研修医とともにICU患者を担当し、診察を行い病態を把握、治療計画を立案する。基本的手技(動脈採血・静脈路確保など)については指導医のもとで経験し、侵襲の大きな手技(中心静脈カテーテル挿入・胸腔ドレーン挿入・気管切開など)については指導医のもと見学・介助を行う

IV.評価

 実習態度など日常の行動から総合的に評価する。

このページのトップに戻る