ここから本文です

鑑別診断について

認知症疾患医療センターでは、認知症の鑑別診断を行っております。
認知症の鑑別診断では、認知症の有無、原因疾患、重症度などを見極めるための診察を行います。また、鑑別診断を終えるまでに、診察と検査のために2~3回来院していただく必要があります。

  • 診察は予約制(電話予約)となっております
  • 初診時にかかりつけ医の紹介状(診療情報提供書)をお持ち下さい
1.受診相談・診察予約2.診察 3.検査4.鑑別診断 5.関係機関との調整

1. 受診相談・診察予約

どのようなことでお困りでしょうか?

  • 精神保健福祉士が相談をお受けいたします。
  • 診察を希望される方や、受診が必要な方の診察予約をお取りします。
  • 予約をお取りする際には、かかりつけ医の紹介状(診療情報提供書)が必要となります。
  • 事前に電話でご本人の様子など聞き取りさせていただきます。

2. 診察

  • 脳神経外科、神経内科、神経精神科の専門医による診察を行います。
  • 診察当日は、各診療科の受付に直接お越し下さい。
  • 1年以内に頭部CTやMRI等の画像検査を受けられた方は、検査データをお持ち下さい。
  • 診察では患者さんの生活の様子をお聞きしますので、一緒に生活されている方や状況を把握されている方が同行するようお願いします。

3. 検査

4. 鑑別診断

  • 診察と各種検査の結果が揃いましたら、専門医による鑑別診断を行います。
  • 診断結果について、説明いたします。
  • 今後の療養についての相談をさせていただきます。
  • 診断結果により、お薬の服用や介護保険の申請を勧めさせていただくことがあります。

5. 関係機関との調整

  • 紹介状をお持ちの方については、紹介もと医療機関に対し診断結果をお伝えし、引き続きサポートしていただきます。
  • 介護サービスの必要な方については、地域包括支援センターを紹介させていただきます。また、ご希望に合わせ必要な情報をお伝えします。

このページのトップに戻る