和歌山県立医科大学 内科学第一講座は一般内科診療、糖尿病・内分泌代謝内科を専門とする講座です。

和歌山県立医科大学 内科学第一講座

  • 受診される方へ
  • 医療関係者用

糖尿病地域連携

糖尿病地域連携外来

次世代の連続グルコースモニタリングの運用を始めます

当科ではこれまで糖尿病の血糖管理に自己血糖測定機および連続グルコースモニタリング(CGM)を使用してきましたが、次世代の測定器「フラッシュグルコースモニタリングシステム(FGM)」が登場、当院に導入となり活用を積極的に進めています。 この測定器の特徴は一度に連続した14日間の測定ができ、知りたいときに読み取り機をかざすだけでリアルタイムの血糖値が表示されることです。

これにより指先穿刺による血糖測定では十分評価できていなかった食後高血糖、夜間を含めた低血糖の有無を知ることができます。

この度、2017年9月1日より保険適用となったことにあわせ、当院においてこの測定機を貸出し活用していただくことが可能となりました。



よい適応と考えられる例


日本糖尿病学会「フラッシュグルコースモニタリング(FGM)システム:FreeStyle Libre に関する見解」より改変

Pagetop