和歌山県立医科大学 内科学第一講座は一般内科診療、糖尿病・内分泌代謝内科を専門とする講座です。

和歌山県立医科大学 内科学第一講座

  • 受診される方へ
  • 医療関係者用

甲状腺について

甲状腺とは

甲状腺はのどぼとけの下にあって,ちょうど蝶が羽を広げたような形をしており,ここで作られる甲状腺ホルモンには主に身体の新陳代謝を調節する働きがあります。

甲状腺ホルモンのはたらき

新陳代謝が良くなるのであれば,甲状腺ホルモンが多ければ多いほど身体に良いのではないかとイメージされるかもしれません。しかし車のアクセルと同じようにちょうど良いバランスを保つことが大事で,甲状腺ホルモンは量が多すぎても逆に少なすぎても全身の様々なつらい症状の原因になります。 具体的には,甲状腺ホルモンが多いと汗をかきやすく暑がりになる,脈が速くなって動悸がする,手の指が震える,月経の間隔が長く量が減る,イライラする,よく食べるわりに体重が減るなどの症状が現れます。





甲状腺の病気

甲状腺ホルモンが多くなる有名な病気としてバセドウ病があり,この場合は甲状腺全体が腫れたり,眼が前に出てきたりといった症状が現れることもあります。逆に甲状腺ホルモンが少ないと,寒がりになる,脈がゆっくりになる,便秘になる,月経の間隔が短く量が増える,何事もやる気がなくなる,むくみやすいなどの症状が現れます。甲状腺ホルモンが少なくなる有名な病気として橋本病があります。甲状腺全体が腫れたり,女性に多いことはバセドウ病と共通する特徴です。 また,他の臓器と同じように良性や悪性のしこりができることもあります。大部分のものは甲状腺ホルモンの量は問題ないですが,稀にしこりが甲状腺ホルモンを多く作ることもあります。


甲状腺専門外来について

これら甲状腺疾患は適切に診断・治療すれば,日常生活や寿命に影響することは稀ですが,和歌山県では甲状腺疾患に詳しい専門医がまだまだ少ないのが現状です。

現在当科では,月曜日,水曜日,木曜日に甲状腺専門医による甲状腺外来を開設し積極的に甲状腺疾患の診療にあたっています。


Pagetop