和歌山県立医科大学 内科学第一講座は一般内科診療、糖尿病・内分泌代謝内科を専門とする講座です。

和歌山県立医科大学 内科学第一講座

  • 受診される方へ
  • 医療関係者用

糖尿病について

糖尿病について

糖尿病とは、何らかの原因でインスリンのはたらきが悪くなり、血液中の糖分が多くなる高血糖の状態がつづく病気といえます。 私たちが食事を摂ると、膵臓からインスリンが分泌されて血中に入ってきた栄養を肝臓、脂肪、筋肉などにとりこまれます。つまり、血液中の糖分はインスリンのはたらきで体の細胞の中にとりいれられることで血糖値が下がることになります

体の細胞を栄養の倉庫に例えると、@栄養を運ぶ係員であるインスリンが減ると栄養が運び込まれにくくなります。Aまた、食事のとりすぎなどで倉庫が一杯になっても栄養が運び込まれにくくなります。B倉庫に入れない分の栄養が血液中にたまっているのが高血糖の状態です。

インスリンのはたらきが悪くなることは「インスリン抵抗性」といい、インスリン分泌の程度とのバランスによって血糖値の調節がなされています。 インスリン分泌が少ないと抵抗性が小さくても血糖値は高くなり、インスリン分泌が正常でも抵抗性が大きくなればやはり血糖値が高くなります。

高血糖の状態がつづくと体のさまざまなところに影響が出てしまいます。これを糖尿病合併症といいます。 主な糖尿病合併症としては網膜症(目の異常)、腎症(腎臓のはたらきの異常)、神経障害(神経の異常)、大血管障害(動脈硬化が進んで血流が悪くなる状態)があります。 糖尿病治療の目的はこれらの合併症を予防することにあります。そのためには血糖値を適切に管理すること、高血圧や脂質異常を改善させることが有効とされています。

Pagetop