和歌山県立医科大学 内科学第一講座は一般内科診療、糖尿病・内分泌代謝内科を専門とする講座です。

和歌山県立医科大学 内科学第一講座

  • 受診される方へ
  • 医療関係者用

入局案内

入局を考えている先生・研修医のみなさんへ

第一内科は糖尿病、内分泌、代謝疾患が専門です

私たちが担当する対象疾患は糖尿病、バセドウ病、橋本病、内分泌性高血圧症、脂質異常症、副腎機能低下症、下垂体機能低下症、電解質異常症、骨粗鬆症など多岐にわたります。糖尿病、甲状腺疾患、脂質異常症などの患者数は膨大で今後も増え続けると予想され、生活習慣病、骨粗鬆症、甲状腺疾患、副腎疾患など頻度の高い内分泌疾患のスペシャリストは、ますます必要とされています。この分野では毎年多数の新薬が開発され治療法も進歩しています。インスリン、甲状腺ホルモン、ステロイドなどのホルモン製剤を用いて治療にあたることが多く、適切な治療を行うためには専門的な知識とともに豊富な経験が必要です。当科では豊富な糖尿病・内分泌代謝疾患の症例を経験することができ専門医の取得も可能です。

第一内科で取得可能な専門医・資格
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会 専門医
  • 日本内分泌学会 専門医
  • 日本甲状腺学会 専門医

第一内科はホルモンを究める教室です

インスリンや甲状腺ホルモンなどのホルモンは特異的な受容体に結合して細胞内や核内に情報伝達します。多くのホルモンがありその作用も複雑ですが細胞内情報伝達の機序は免疫細胞や腫瘍細胞と共通するところが多く、ホルモンを究める(研究する)ことで細胞内情報伝達の普遍的な機序の解明につながる可能性があり研究分野としては重要でかつ広がりをもった領域です。当科はこれまでインスリンや甲状腺ホルモン受容体の遺伝子の解析や糖尿病とその合併症の成因、自己免疫性甲状腺疾患の病因の解明、新規消化管ホルモンであるグレリンの応用などに関して優れた成果を挙げています(業績は別のページを参照下さい)。臨床の知見が新しい研究の端緒となり、研究の成果が臨床に応用されることで医学・医療が発展します。病気という自然を見つめつつ(よく診る)、それに親しむ(究める)姿勢は本学の初代学長が我々に残された教えでもあり、これはまさに第一内科の心構えに一致しています。

第一内科は「symptom to diagnosis:症状から診断へ」という過程を実践できます

内分泌疾患は多彩な症状を呈するため、その疾患の可能性を疑って検査を進めないと診断に到りません。たとえば感冒として治療された人が1型糖尿病、統合失調症と診断されていた人が慢性甲状腺炎、急性胃炎の症状で副腎不全であったというような症例などがあります。また入院時に確定診断されていない意識障害、電解質異常、浮腫、不明熱などの原因精査目的の入院が少なくありません。このような症例を担当することにより、基本的な検査を自ら施行し、症状や検査結果を総合して理論的・系統的に診断・治療を行うという内科診断の面白さや奥深さを実感できます。General physicianを目指しているのではなくとも、内分泌代謝疾患の診療においては全身にわたり極めて多彩な症候が認められるため、臓器個別の障害のみに眼を奪われることなく患者の全身状態を統合的、包括的に把握し治療する能力が自ずから身についてくるといえます。医療が高度に専門化・複雑化していく現状で複数の併発症があったり、多彩な症状を呈する患者を担当する際には、,他科の医師や看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、地域連携室といった他職種の人と緊密な連携を保つことが円滑な治療を進める上で極めて重要です。当科ではこのようなコミュニケーションやマネージメントの能力を磨くことも可能です。

第一内科は個性を尊重し共に発展・向上することを目指します

糖尿病・代謝・内分泌のスペシャリストを目指す人、内科ジェネラリストとして地域医療に貢献しようと考えている人、一つ一つ積み上げるような研究をしたい人、画期的な発見をして医学の歴史に名を残したいと考えている人、国内留学や海外留学を希望している人、育児と医師としてのキャリアーの両立を考えている女性医師など、私たちは皆さんの各々のプランや目標に応じて様々なサポートを行う用意があります。皆さんの参加により第一内科は今後さらに成長し医学の発展、医療の進歩に貢献できることを目指しています。

さらに詳しく知りたい方は下記にご連絡下さい。
問い合わせをお待ちしています。

連絡先:和歌山県立医科大学第一内科 
医局長 古田浩人(フルタ ヒロト)
メールはこちらから

Pagetop