臨床研究センター臨床研究・治験管理部門紹介 臨床研究・治験管理部門の概要などがご覧いただけます

概要

業務

主に「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP)」に基づき行われる治験及び製造販売後臨床試験の実施のため、治験コーディネーター(CRC)として薬剤師、看護師、臨床検査技師を配置し、患者さんの人権と安全を最重点に置き、適正かつ円滑に実施できるよう関係部署と連携し活動をしています。

また、治験審査委員会(IRB)の事務局としての業務も担当し、より一層治験の質向上に努めています。

沿革

次の変遷を経ながら患者さんの人権と安全に十分配慮した治験の質向上に取り組んできました。

平成13年4月 薬剤部内で治験コーディネーター1名を配置し、治験業務の支援を始めました。
平成18年4月 医科大学産官学連携推進本部臨床研究管理センター内に治験管理部門を設置しました。
平成21年4月 附属病院中央部門に位置付けることにより名称を治験管理センターと改めました。
平成26年3月 病院棟1階から病院東棟3階に移転しました。
平成26年10月 公立大学法人和歌山県立医科大学
臨床研究センターを設立、同センター内に臨床研究治験管理部門・臨床研究教育部門を設置しました。
このページのトップへ
©Wakayama Medical University Hospital. All rights reserved.