人工心肺業務
 心臓手術の際、心臓を一時的に停止させてから手術を行います。その際全身の血液循環を一時的に人工心肺という心臓と肺の役割を兼ねそろえた装置を用いて患者さんの全身へ血液を送ります。心臓が停止した状態でも人工心肺装置を用いて酸素を供給し続けることで患者さんの臓器を守ります。
血液浄化業務
 慢性期急性期にかかわらず腎不全を発症した場合、患者さん自身で老廃物や過剰な水分を除去することが出来なくなってしまいます。そこで腎臓の代わりに老廃物や過剰な水分を除去し、電解質の調整することで体内バランスを整えます。
 また薬剤等の内科的治療のみでは困難な肝不全や膠原病等の患者さんに対して、血漿中に存在する病因物質を除去するための血漿交換や免疫吸着などの管理及び操作を行います。
呼吸療法業務
 医師や看護師とともに患者さんの呼吸状態は適切に行えるよう管理します。また使用前点検や使用中点検、定期点検を実施することで安全な人工呼吸療法を行えるよう保守点検を行います。
補助循環業務
 手術室や集中治療室、心臓カテーテル検査室などで、IABP(大動脈バルーンパンピング)、PCPS(経皮的心肺補助)、ECMO(膜型肺による体外酸素加法)などの装置を操作する業務です。
ME機器管理業務
 病院内のシリンジポンプや輸液ポンプ、患者監視モニターや除細動など各種医療機器を安全に使用するために保守点検を行います。また数多くの医療機器を効率的に運用するために集中管理など行います。
ペースメーカ管理業務
 体外式ペースメーカの操作、植込式ペースメーカの植え込み時の計測、ペースメーカ外来で計測・診療補助を行います。
高気圧酸素療法業務
 高気圧のタンクの中でで酸素を吸入させることで、血液中の酸素を増やす治療が高気圧酸素療法で、様々な疾患の治療に用いられます。これらの呼吸に関わる医療機器の操作や保守点検などを行います。
その他の業務
 今現在様々な機器がある中、専門的な技術者が操作していない機器も多からずあります。そこでそういった機器において、臨床工学技士ができるだけサポートするときが多々あります。


 上記に述べた以外にも臨床工学技士の業務は数多くあります。施設の大きさや地域により行っている業務は様々です。また病院以外では、医療機器メーカーや臨床工学技士養成校で従事している人もいます。このように臨床工学技士の業務は多種多様であり、様々な現場で活躍しています。
著作権・リンク免責事項TOPサイトマップ
公立学校法人   和歌山県立医科大学附属病院   臨床工学センター
〒641-8510 和歌山市紀三井寺811番地1  TEL:073(447)2300(代)

Copyraight(c)Wakayama Medical University Clinical Engineering Center.All rights reserved.