当センターにおける新人教育
1年目の育成目標
 担当業務や医療安全に対する考え方を自ら正確に責任を持って遂行できる。
2年目の育成目標
 担当業務や医療安全に対する考え方等その関連事項が十分に理解でき、仕事の進め方や課題について問題意識を持って積極的に改善提案できる。
3年目の育成目標
 担当業務を研究することで高い能力を取得し、幅広い観点から担当部門や担当業務の在り方を考えることで新しい提案をすることができる。
当センターにおける教育フローチャート
新規入職者は、大学のシステムや社会人としての心得などの新人教育を受けます。
その後指導者とともに教育目標に沿った被指導者の個人目標を決定し、実際業務を行いながら学びます(OJT)。
実際の臨床業務の中で、不足している知識や技術を見い出し、指導者による講習を行います(Off-JT)。また院外の講習会や学会等に参加することにより個人でも学習し、知識や技術を向上させます(SD)。
被指導者はSD及びOff-JTで得た知識をOJTで生かし、更なる質の高い医療を目指します。
指導者は被指導者教育時において、OJT及びOff-JTから得た情報をもとに教育方針を決定します(FD)。
指導者は教育方針を決める際、教育方針を再度見直すため自己学習し(SD)、指導者もレベルアップを目指します。
指導者と被指導者は教育目標と個人目標を照らし合わせ、不足している技術や知識を再度学びながらステップアップを目指します。 

当センターにおける臨床工学技士像
 臨床工学技士はチーム医療の一員として、患者さんに対し他の職種と質の良い医療を提供する義務があります。他職種とのコミュニケーションを重要視し、些細な情報においても提供しあう必要があります。左図上のように様々な職種が一丸となり一人の患者さんを連携して治療を行うことは重要であります。
 また臨床工学技士としても資質の向上を図る必要があります。臨床工学技士とは臨床と工学の橋渡し的な存在です。様々な医療機器に精通し、それらが患者さんに対してどのような方法でどのような結果をもたらすために動作しているのかなどの基本的な内容から、警報時や誤動作などトラブルに対する対応及び処置までをフォローするのが臨床工学技士であるべきだと思われます。
 
 当センターでは基本的に医療安全を中心に考えております。例えば人工心肺業務においても人工心肺中のトラブルに関する医療安全をベースに、人工心肺の原理や構造を踏まえた動作確認、人工心肺中の患者さんの状態など様々なことを同時に考えながら医療を提供しています。血液浄化業務などでも同様です。我々はあらゆる分野に携わる中、様々な方向からみた安全な医療を患者さんに提供しなければなりません。
 また、左図下のように各々の分野での業務に携わる中、知識や技術が重なる部分があります。医療安全を中心に様々な業務で得た知識や技術をを合わせることで、質の高い医療を提供できると考えています。例えば人工心肺業務において、血液浄化業務や呼吸療法業務で得た知識や技術は活用できます。
 スキルアップする中で個人によって得手不得手な業務というのは当然出てくると思います。しかし得手分野においても不得手分野の知識や技術は有効であるということを念頭に置いて質の高い医療を目指すといった体制をとることが当センターの臨床工学技士としております。
著作権・リンク免責事項TOPサイトマップ
公立学校法人   和歌山県立医科大学附属病院   臨床工学センター
〒641-8510 和歌山市紀三井寺811番地1  TEL:073(447)2300(代)

Copyraight(c)Wakayama Medical University Clinical Engineering Center.All rights reserved.