現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 中央検査室
ここから本文です

中央検査室

部門紹介

当検査室では、一般検査・血液検査・生化学検査・生理検査・微生物検査を4名の職員で行っています。
精密かつ正確な検査データを迅速に診療部門に報告するよう心がけています。

業務内容

一般検査

一般検査室では主に尿検査、便検査、髄液検査、穿刺液検査を行っています。

尿検査

尿は腎臓で血液を濾過して作られる排泄物です。一日に1~1.5リットル程度排泄され、通常は糖・蛋白・血液・ケトン体はほとんど含みません。
当検査室では多項目試験紙で自動分析をします。この検査で異常値が出た場合は遠心機で沈ませた尿中の有形成分(赤血球、白血球、上皮細胞、円柱、結晶、細菌など)を顕微鏡で調べます。
出現する成分が多いと、その成分によって疑われる病気も異なります。

便検査

便は、主に消化管での異常を見つけることが出来ます。
当検査室では、寄生虫および虫卵検査と便潜血検査を行っています。
潜血反応は大腸がんのスクリーニング検査として、早期発見には欠かせない検査です。

血液検査

下記の検査を実施しています。

血液一般検査

赤血球・白血球・ヘモグロビン・ヘマトクリット・血小板・網状赤血球の数を調べる検査です。

  • 赤血球は、体の色々な組織に酸素を運び不要となった炭酸ガスを交換して廃棄する役目です。減少すると貧血となり、増加すると多血となります。
  • 白血球は、体内に細菌、ウイルスや異物が入ってきたとき、細菌、ウイルスを殺したりする働き(免疫反応)があります。
  • 血小板は、出血を止める働きをします。減少すると出血しやすくなったり、青アザが出来やすくなります。
  • 網状赤血球は、骨髄での赤血球産生能力を知ることが出来ます。
血液凝固・線溶検査

プロトロンビン時間(PT)・活性化トロンボプラスチン時間(APTT)・フィブリノーゲン・出血時間・凝固時間etc

  • PT・APTT・フィブリノーゲンは、血液凝固の異常があるかどうかを調べる検査です。肝障害や血液疾患などで異常値を示します。その他抗凝血剤治療、ワーファリン療法中の経過観察に用いられます。
  • 出血時間検査は、耳に一定の切り傷を付け血液が止まるまでの時間を測定し、血小板機能の異常を見つける検査です。
血液型検査

輸血前や手術前などに患者さんの血液型を調べる検査です。

交差適合試験(クロスマッチテスト)

輸血に際して患者血液と供血者の血液が適合しているかを調べる検査です。

生化学検査

生化学検査室では、血液を遠心分離して得た上清(血清)を用いて、下記のような検査を実施しています。
また、血糖値、HbA1c測定も行なっています。

臨床化学検査
  • GOT・GPTなどに代表されるような肝機能検査
  • HDL・LDL・コレステロール・中性脂肪などの脂質検査
  • 尿酸・尿素窒素・電解質などの腎機能検査etc
尿化学検査

尿中の成分を定量することにより腎臓の機能を調べています。

免疫血清検査
  • 炎症反応検査(CRP)、リウマチ検査(RA)
  • B型肝炎・C型肝炎・梅毒・IgG IgA IgMなどの感染症検査
  • 膠原病・自己免疫疾患などの検査として抗核抗体(ANA)検査・補体(C3C4)検査
特殊検査
  • 甲状腺機能検査(TSH・FT3・FT4)
  • 腫瘍マーカー検査
    • 肝がんなどの診断(AFP)
    • 膵臓がんなどの診断(CA19-9)
    • 大腸がんなどの診断(CEA)
    • 肺がんなどの診断(SCC)
    • 乳がんなどの診断(CA15-3)
アレルギー検査

花粉症や食べ物によるアレルギーを測定する検査です。
アレルゲンであるスギ・ヒノキ・大豆・小麦・卵白・ダニ・ハウスダストなどを測定します。

血糖値測定、HbA1c測定検査

血糖値とは、血液中のブドウ糖濃度のことで食後に高くなります。
すい臓から分泌されるインスリンの量や、働きが悪いと慢性的な高血糖の状態が続き糖尿病になります。
HbA1cは、過去1〜1.5ヶ月間の平均血糖値を反映しているため、患者さんの生活や症状を把握するために糖尿病の治療コントロールの良否には欠かせない検査です。HbA1cは食事の影響を受けないため、検査の前だけ食事制限しても日頃の不摂生がばれてしまいますよ。

生理検査

生理検査室では、次のような症状のとき各種検査を実施します。

胸痛・動悸等の症状があるとき

心電図・24時間心電図(ホルター心電図)・心エコー検査

動脈硬化・糖尿病などがあるとき
  • 血圧脈波検査(ABI)
  • 頸動脈エコー検査
  • 腓腹神経伝導検査
少し歩くと息が切れたり、坂道を登ると息苦しい等の症状があるとき

肺機能検査(VC・FVC など)

てんかん・熱性けいれん・意識障害・頭部外傷など

脳波検査

いびき、熟睡感がない、日中のねむけ、起床時の頭痛

睡眠時無呼吸症候群検査(簡易検査SAS、精密検査PSG)

微生物検査

微生物感染を疑う患者さんの検査材料(喀痰、尿、糞便、膿汁、穿刺液、咽頭ぬぐい液など)を用いて各種微生物を培養検出します。病原性微生物を同定し、その微生物に効く薬(抗生剤)を見つけ出します。
病原性微生物には代表的なものに結核菌、赤痢菌、コレラ菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、病原性大腸菌、溶血性連鎖球菌、各種真菌類などがあります。
また、ロタウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルス感染も外来で材料を採取し、簡易検査(15〜30分)で検出できます。

このページのトップに戻る