現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 看護部 > 病棟・外来・手術室紹介 > 病棟紹介
ここから本文です

看護部

病棟紹介

2階病棟

看護師長 奈良 園子(なら そのこ)

2階病棟写真

2階病棟は、整形外科・眼科疾患をもつ患者さんが主に入院治療を行う病棟です。
今年度から、整形外科・眼科医師ともに増員となり、手術件数の増加が予測されます。そのような状況の中、さらに看護の専門性を発揮し、患者さんの視点に立った看護の提供に取り組んでいます。

整形外科では、脊椎ケアセンターとして外来と病棟の統合の形態をとっており、外来‐病棟‐地域へと継続した看護の実践に取り組み、患者さんの生活を支えていけるように日々努めています。

眼科では、白内障や硝子体の手術をしています。1日~2日と非常に短い入院期間の中で、術前・術後のケア、退院指導など個々の患者さんに応じた方法で提供しています。

患者さんとその家族が目指す目標達成のため、医師・臨床心理士・リハビリテーションスタッフ・薬剤師・栄養士・社会福祉士などの多職種と協働し、専門性の高い看護の提供をめざしていきます。

患者さんやその家族の意向を大切にし、安心して納得できる入院生活を提供できるよう、今日もパワフルなスタッフが看護実践中です。

3階病棟

看護師長 松岡 淑子(まつおか としこ)

3階病棟写真

3階病棟は、内科(神経内科含む)・脳神経外科・外科の病棟です。地域包括ケア病床12床も稼働しています。地域包括ケア病床は、在宅復帰をめざす患者さんを中心に、リハビリによる日常生活動作の維持・向上を図り、在宅療養に必要な介護サービスの調整等を地域医療連携室と協働しておこなっています。

私たち看護師は、安全な療養環境を整え、“患者さんの視点に立った行動”を常に考え、適時に判断し、適切な看護の提供を心がけています。また、健康問題を解決するためにチーム医療の充実を図っています。疾患・薬剤・栄養・リハビリなど、患者さん自身が健康管理をおこなうために必要な情報を提供させていただいております。多職種と協働することで、患者さんにとって意義ある入院生活が送れ、自身の健康について関心を深められる機会となることをめざしています。退院支援・外来との継続看護をおこない、切れ目のない医療の提供を遂行しています。

地域の皆様に信頼され、心のこもった医療の提供と安全で安心して入院していただける環境を調整し、患者さんに寄り添う看護を提供してまいります。

このページのトップに戻る