現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 看護部 > 各チーム(各会)紹介
ここから本文です

看護部

各チーム(各会)紹介

感染リンクナースチーム

感染リンクナースチーム写真

医療の進歩と共に、疾患や治療内容は高度・複雑化の一途をたどっています。そのため、入院患者さんにおける院内感染症のリスク、医療従事者における職業感染のリスクも高まっています。患者さんや職員にとって、安心できる病院にするために、感染対策は重要な位置を占めるようになってきています。しかし、多種多様な感染源と戦い、感染を防ぐには、幅広い知識が必要であり、個人で取り組むには限界があります。医療機関が施設として組織的に取り組むことが求められます。

当院では、リンクナースシステムを導入しています。患者さんとの接触の機会が最も多い看護師の代表(リンクナース)が実践的に感染管理を行い、病院の方針を決める院内感染対策委員会(ICC)や、院内感染対策チーム(ICT)と連携を保ちながら、患者さんと医療従事者を院内感染から守り、医療・看護の感染防止に対する対策の標準化と質の向上を図っています。各病棟1名ずつのリンクナースが配置され、月1回の定例の会議を開催し、感染に関する院内や病棟からの問題について検討し、現場に反映させています。また、外来や病棟へのラウンドを行い、標準予防策が適切に行われているかなどを観察し、スタッフに教育や指導、フォローを行うことで、感染防止技術の向上を図っています。

NST・栄養サポートチーム

NST・栄養サポートチーム写真

当院NSTは、脳外科医・内科医・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・リハビリスタッフなど多職種で構成されており、各職種と連携しながらチーム医療を実践しています。毎週金曜日にカンファレンス・回診(低栄養・褥瘡・摂食嚥下障害の症例など)を行っています。

活動内容
  • 症例に応じた栄養法の選択
  • 適切な栄養管理の提供
  • 早期栄養障害の発見と早期栄養療法の開始
  • 栄養障害からの合併症の予防(感染症や褥瘡)

を目的に活動しています。


糖尿病療養サポートチーム

糖尿病療養サポートチーム写真

糖尿病療養サポートチームには、糖尿病専門医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士が参加しています。月2回カンファレンスを行い、患者さんの血糖値をうまくコントロールしていくために、各専門分野から意見を出し合い、どのように支援していけば良いか話し合い、方針を決めています。

また、糖尿病教室を開催しています。糖尿病教室では、糖尿病にはどんな合併症があるのか、日常生活ではどんなことに注意しなくてはいけないのかなどについて説明し、患者さんからの質問にもお答えしています。糖尿病教室は同じ糖尿病を持つ患者さん同士がコミュニケーションをとり、糖尿病に関する基本的な知識を身につけてもらう場として設けられています。

その他の活動内容
  • 糖尿病患者会「稚アユ会」の運営活動のサポート
  • 院内学習会などを開催し、職員への啓発活動

チーム活動を通して患者さんに質の高い糖尿病治療を提供できるよう努めています。

災害医療チーム

災害医療チーム写真

当院は、和歌山県の災害支援病院に指定されています。これを受けて平成22年6月に災害医療チームが結成されました。現在、医師・看護師・薬剤師・事務職で活動しています。
普段はBLSやACLSへの参加や訓練をおこない、災害発生時の対応訓練をおこなっています。

災害は、いつ起こるかわかりません。想定外のことも起こりえます。
災害医療チームをはじめ、全職員がこのような事を想定し、日々の診療・看護に携わっています。


緩和ケアチーム

緩和ケアチーム写真

~その人らしく、その人の希望により添うケアを目指して~

当院では、病気と闘っている方々によりよい緩和ケアを提供するため、緩和ケアチームを設置し2010年7月から活動を開始しました。

緩和ケアチームは、医師・看護師・薬剤師・栄養管理士・リハビリスタッフ・高野山大学スピリチュアルケア科教員、地域連携室・事務職と多職種が関わることで、それぞれの専門性を活かした緩和ケアを提供出来るよう活動しています。

緩和ケアとは、患者さんとその家族を対象とした積極的ケアです。緩和ケアという言葉の響きは、終末期の方が受けるケアととらえられている方が多いかと思います。当院では、緩和ケアとは疾患・病気に関係なく、痛みをはじめ病気にともなうさまざまな症状に対し緩和をめざすケアとし、患者さんとご家族に寄り添いながらケアをおこないたいと考えています。体の症状だけでなく、心のケア、社会的・経済的な問題へのケア、自宅の療養生活に向けた支援、希望を支えるためのケアも含んでいます。

写真

緩和ケアチームは、さまざまな職種のスタッフが業務の中で得た情報を持ち寄り、週一回の会議を開いています。その情報をチーム内で共有しそれぞれの専門性から意見を出し合い、その人らしくその人の希望に添えるようなケアの提供を検討しています。

チームメンバーそれぞれが日々の業務や勉強会などを通して研鑽に努め、患者さんとご家族と共に歩んでいけるよう活動していきたいと考え取り組んでいます。

訪問看護チーム

訪問看護チームは、 『患者さん一人ひとりがその人らしい生活を送ることができるよう、居宅訪問が必要な方に対する訪問看護をおこない、療養環境にまつわる問題解決のお手伝いをします』

平成24年4月から訪問看護チームが設置されました。  
各病棟・外来からメンバーが集まり、チームを構成しています。  
実際の訪問は、担当看護師や外来看護師がおこないます。

訪問看護チームが中心となって、

  1. 訪問対象者のスクリーニングをおこない、訪問目的を明確にします。
  2. 訪問日程・訪問職種・必要物品の準備および調整等、訪問計画を検討します。
  3. 訪問後は、「訪問看護報告書」に基づいた訪問過程の評価をおこないます。
  4. 修正した支援内容の実施を確認します。

褥瘡対策チーム

写真

当院の褥瘡対策チームは、医師、看護師、栄養士、薬剤師、言語聴覚士が連携し褥瘡の予防・治療をおこなっています。このように多職種のスタッフが協力することで褥瘡対策を多方面からアプローチしていくことができ、より効率的な予防・治療をおこなうことにつながります。褥瘡対策にとって最も重要なことは予防であり、各病棟におけるリスク評価、体位変換の実践、適切な体圧分散マットレスの選択などが求められます。

褥瘡対策チームは週に1回、褥瘡回診をおこない、病棟スタッフと話し合いながらより実践的な褥瘡対策がおこなえることを目指しています。 
褥瘡発生時には、褥瘡発生の要因を検討してそれを除去し、適切な治療をおこなえるように方針を決定します。また、院内全体の褥瘡ケアのレベルアップを目的として、2014年より、褥瘡対策研修を計画、実施しています。

褥瘡対策チームは、院内の褥瘡ケアの中心的な存在として予防・治療に関わり、病棟スタッフと連携して褥瘡発生0を目指して頑張っています。

このページのトップに戻る