現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 看護部 > リソースナース紹介
ここから本文です

看護部

リソースナース紹介

感染管理認定看護師

写真

田中治美

感染管理の目的は、病院に出入りする人すべての人々を感染から守ることです。病院に出入りするすべての人たちとは、患者さんとそのご家族、そして病院職員、委託業者などを指します。

私は感染管理認定看護師として、看護部内だけでなく病院全体を活動範囲とし感染管理活動を行っています。具体的には、院内各部署への感染予防対策の推進、感染に対する相談、各部門との連絡調整などを行っています。感染対策部会(ICT)やリンクナースと共に、病院全体の感染に関する意識が向上するように日々努力をしています。

写真

患者さんが、安心して療養生活を送れる病院、職員が健康で働ける職場環境を作っていけるよう日々頑張っています。

緩和ケア認定看護師

写真

山本真由

緩和ケアとは「病に伴って抱こるさまざまなつらさを予防し、和らげるケア」です。緩和ケア認定看護師には、緩和ケアが適切に提供されるように働きかける役割があります。また、つらさを抱える患者さんの思いを聴くことで、患者さんやご家族の希望を尊重したチーム医療が効果的に機能するように調整を行います。

現在は主に、がん患者さんの治療選択の支援や治療に伴う副作用に対するケアを行っています。また、痛みなどの症状を抱える患者さんの相談を受け、治療を前向きに受けられるように支援しています。

写真 できるだけ多くの方が病を抱えながらも「自分らしい生活」を送れることを目標に、院内だけでなく院外からの相談にも応じます。
治らない病気だからとあきらめないで、一緒に希望を見つけていきましょう。

認知症看護認定看護師

写真

岸田悦子

認知症を患った方は、物忘れなどの中核症状によって病院・施設・在宅などあらゆる場面で生活に支障をきたしています。特に病院では入院という環境の変化によって、症状の悪化につながることがあります。そのため、私たち看護師も、認知症の方にとって環境の一部であることを認識して接しなければなりません。上手く言葉にできない訴えや、その行動を起こしている理由を、表情や言葉、今までの生活歴や性格など、一人ひとりに合わせて多方面から考えていくことが大切です。認知症を患うと何もわからなくなるのではなく、感情の部分はしっかりと残っていることを理解したうえで、個人を尊重した関わりが重要となってきます。そうすることで認知症の方の感じる環境の変化を最小限にすることができるのです。

認知症状にばかりとらわれず、認知症の人ではなく、認知症の人の看護をさせてもらっているという認識で、認知症を患った方が笑顔で生活できるように皆様と連携して取り組みたいと考えています。

糖尿病療養指導士

写真

糖尿病の治療には、患者さんの自己管理が最も大切です。
CDE(糖尿病療養指導士)は医師とともに患者の自己管理(療養)を指導するスタッフのことです。

糖尿病はひとたび発症すると、一生治療を継続していかなければならない慢性疾患です。患者さんができるだけ負担を少なく維持しやすい方法で血糖をコントロールしていく支援をするのが私たちの役割です。糖尿病の合併症である足壊疽の頻度も増加しつつあります。しかし、糖尿病の足切断の85%は予防可能です。私たちが今行なっている予防的フットケアは非常に大切であり、CDEの役割の一つです。


院内認定脊椎ケア看護師

整形外科の患者さんは、日常生活の中で様々な苦痛や不安を抱えながら生活されています。「院内認定脊椎ケア看護師」は、患者さん一人一人のその時の状態や気持ちに沿った看護の提供と、より専門性の高い脊椎ケアを行うことを目的としています。

院内認定脊椎ケア看護師は、脊椎疾患における知識を活用し、水準の高い看護実践と教育的役割を担います。現在、整形外科病棟には4名が配属されています。入院生活はもとより、他職種と連携し、手術前後のケア、退院後の生活指導等の充実を図ります。

「患者さんのために、今自分にできること」を目標に、脊椎ケアチーム(医師、臨床心理士、理学療法士、作業療法士)と、より一層質の高い看護が提供できるよう努めていきます。院内認定脊椎ケア看護師写真

このページのトップに戻る