現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 看護部 > 病棟・外来・手術室紹介 > 外来紹介
ここから本文です

看護部

外来紹介

外来・総合診療科・眼科・小児科

看護師長 森口 奈美(もりぐち なみ)

外来では、患者さん、家族が住み慣れた場所でその人らしい生活が送れるように、疾患のセルフケア、介護予防・軽減などの在宅療養支援を行っています。患者さん・家族からの相談に応じ、担当看護師が継続した関わりを行っています。また、外来だけでなく、外来から病棟、病棟から外来、病院から地域への情報共有を強化し、患者さんの看護がつながるように外来看護師全員で取り組んでいます。感染管理認定看護師・緩和ケア認定看護師・糖尿病療養指導士・難病看護学会認定看護師と共に在宅療養の質向上を目指しています。

眼科外来では、医師の増員がありました。地域の皆様の1人でも多くの方に「見える」喜びを感じていただきたいと思っています。診察前検査などにより、待ち時間が予想より長くなってしまい、ご迷惑をおかけすることもあるかと思います。しかし、やさしさと笑顔で、ひとり一人の患者さんとの時間を大切に向き合っていますので、満足していただけると信じております。

脊椎ケアセンター(外来)

写真

当センターは患者さんの状態に応じた治療方法を提案させていただいております。手術中心の治療を目指しているわけではありません。手術になるか、 リハビリか、薬物療法なのか。患者さん自身のライフスタイルに見合った治療方法を一緒に見つけていきます。

限られた診察時間の中で、より的確な生活情報を医師に伝えるための橋渡し的な役割をしています。また、外来と病棟の統合により、病棟看護師が外来診察介助に出向いています。安心して入院していただけ、退院された方は継続して看護させていただきます。

診察は予約制ですが、予備診察後にレントゲン検査、その後に本診察となるため、待ち時間を含めた病院滞在時間は予想より長くなるかもしれません。ただし、ひとりひとりの患者さんとの時間を大切に真剣に向き合っているので、満足していただけると信じております。

このページのトップに戻る