現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 看護部 > 病棟・外来・手術室紹介 > 手術室・中央材料室紹介
ここから本文です

看護部

手術室・中央材料室

看護師長 森口 奈美(もりぐち なみ)

手術室・中央材料室写真

当院では年間約900件の手術をおこなっています。手術室は、高度清潔領域としての空調設備を整え、数多くの医療機器を配備しています。
手術は、主治医を中心とした複数の医師と麻酔医、手術室看護師で編成されたチームでおこなっています。私たちのモットーは、『周手術期看護に責任と思いやりを持ち、お互いが納得できるケアを提供する』です 。

写真

手術開始時には、患者誤認防止・手術部位・術式をチームで確認し、患者さんには安心して手術を受けてもらえるように、安全と安楽に配慮しています。 また、兼務している中央材料室では、質保証された滅菌物を準備し、安全な医療器具を院内各部署に提供しています。

術前には、手術を担当する看護師が病室まで訪問させていただき、入室の方法や手術の流れ、退室までのことを説明し、少しでも不安が軽減できるよう関わらせていただきます。 術後は、手術に関連したトラブルが発生していないか、回復状況はどうかをたずねに伺います。私たちは専門性の高いケアの実践をめざし、周術期看護の充実を図っています。

このページのトップに戻る