現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 薬局
ここから本文です

薬局

部門紹介

薬剤師3名が勤務しています。薬の専門家として、各診療科・中央部門・看護部門と連携をとりながら、有効・安全かつ最適な薬物療法ならびに医療安全に貢献しています。

業務内容

Ⅰ.調剤

医師が処方した内容について、服用(投与)方法や投与量、相互作用、重複投与などのチェックを行い、疑問点があれば医師に確認しています。当院では、調剤の効率化と安全性確保のため、調剤支援システムを導入しています。

Ⅱ.製剤

市販されていない特殊な薬剤を調整しています。

Ⅲ.化学療法

抗がん剤の治療計画(レジメン)は、化学療法委員会で審議・承認されています。そのレジメンに基づいて投薬量や投与期間、検査データなどを確認した後、安全キャビネット内にて無菌的に抗がん剤の調製を行っています。また、抗がん剤の治療スケジュールや副作用等について患者さんに説明を行っています。

Ⅳ.薬剤管理指導

当院では院外処方せんの発行を推進することで、入院患者さんへの薬剤管理指導業務に積極的に取り組んでいます。検査データなどを確認しながら処方された薬剤の内容をチェックし、医師への処方提案を行っています。また、持参薬も含めた薬歴管理を行うことで、相互作用や重複投与などをチェックし副作用の回避に努めています。患者さんに服薬指導を行い、効果や副作用、服薬状況の確認も行っています。

Ⅴ.TDM

特定の薬剤に関して、その血中濃度より、安全かつ効果的な治療ができるよう投与計画を立てています。

Ⅵ.医薬品情報管理

治療に有用な医薬品情報を収集・整理し、医師や医療スタッフに提供しています。医薬品の適正使用及び管理を図るため、薬事検討委員会の事務局を行っています。

Ⅶ.医薬品管理

医薬品の購入と供給並びに適切な在庫管理を行っています。外来や病棟、手術室など院内に配置されている医薬品の払い出しや管理を行っています。特定生物由来品(血漿分画製剤)のロット管理も行っています。また、災害時対策として医薬品の備蓄・管理も行っています。

Ⅷ.麻薬業務

医療用麻薬や覚醒剤原料、毒薬及び向精神薬の調剤・薬品管理を行っています。

Ⅸ.チーム医療及び各種委員会での活動

薬事検討委員会、がん化学療法委員会、ICT(感染防止対策チーム)、ICC(感染防止対策委員会)、医療安全推進委員会、リスクマネージャー部会、医療情報部会、NST(栄養サポートチーム)、糖尿病療養サポートチーム、緩和ケアチーム、災害医療チーム、災害医療対策・救急委員会、手術室運営委員会、医療ガス安全管理委員会

スタッフ紹介(2017年4月現在)

  • 薬剤師 3名
  • 認定薬剤師
    栄養サポートチーム専門療法士

このページのトップに戻る