現在表示しているページ
ホーム > 産官学連携 > 組織体制 > 知的財産権管理センター > 成果有体物の移転の支援 > 外部機関から受領する場合の手続き
ここから本文です

知的財産権管理センター

外部機関から受領する場合の手続き

本学の職員等が外部機関から成果有体物を受領する場合は、必要に応じて成果有体物提供契約書(MTA)を締結した上で受領してください。この場合、原則として無償での受領となります。

  1. 外部機関(提供者)から職員等(受領者)へ契約案の提示・送付
  2. 職員等(受領者)から知的財産権管理センターへ申出
  3. 外部機関(提供者)と知的財産権管理センターとの間において契約に関する協議
  4. 契約が合意に至れば、知的財産権管理センターから職員等(受領者)へ契約書(本学押印済)の送付
  5. 職員等(受領者)から外部機関(提供者)へ契約書(本学押印済)の送付
  6. 外部機関(提供者)から職員等(受領者)へ契約書(締結済)の返送と成果有体物の送付
  7. 職員等(受領者)から知的財産権管理センターへ契約書(締結済)写しの提出
  • ※外部機関から成果有体物を受領する場合は無償での受領となりますが、外部機関等から輸送費等の請求がある場合は職員等(受領者)の教室等でご負担をお願いいたします。また、受領条件は職員等(受領者)の意向を尊重します。
  • ※外部機関から契約案の提示がなく、契約書の締結が不要な場合は、知的財産権管理センターへの申し出は必要ありません。
  • ※受領した成果有体物は職員等(受領者)が適正に管理してください。管理費は職員等(受領者)の教室等でご負担をお願いいたします。