現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 広報 > 平成26年8月28日(木)
ここから本文です

記者発表

梅の不妊治療成績改善効果とその作用メカニズム
─梅成分3,4-DHBAは酸化ストレスを抑制し卵質を改善する─

発表日時 平成26年8月28日(木) 14:00~15:00
場所 和歌山県立医科大学生涯研修センター 3階 研修室
発表者 和歌山県立医科大学機能性医薬食品探索講座 准教授 宇都宮 洋才
和歌山県立医科大学機能性医薬食品探索講座 助教 河野 良平
和歌山工業高等専門学校 准教授 奥野 祥治
うつのみやレディースクリニック 院長 宇都宮 智子

発表内容

  • 和歌山県に伝わる梅の言い伝え
  • 梅は難治性不妊患者の治療成績を改善する~卵子老化の観点からの考察~
  • 梅に含まれる不妊症に有効な活性成分を探索する

発表資料データダウンロード