現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 広報 > 平成25年1月9日(水)
ここから本文です

記者発表

筋萎縮性側索硬化症の原因に蛋白質分解異常が関与

発表日時 平成25年1月9日(水) 9:30~10:30
場所 和歌山県立医科大学生涯研修センター3階 研修室
発表者 神経内科学教室 伊東秀文教授

発表内容

神経難病・筋萎縮性側索硬化症の原因に蛋白質分解異常が関与する可能性
―遺伝子改変マウスでの知見から―

  • 今回の発表のポイント
  • その他の学術的な意義 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • 紀伊ALS(牟婁病)
  • 孤発性筋萎縮性側索硬化症(SALS)
  • プロテアソーム障害マウスRpt3-CKOの結果
  • オートファジー障害マウスAtg7-CKOの結果
  • 発見のまとめ
  • 今後の展開

発表資料データダウンロード