現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 広報 > 平成24年8月10日(金)
ここから本文です

記者発表

ロンドン2012パラリンピックへの職員派遣

発表日時 平成24年8月10日(金) 9:30~10:15
場所 和歌山県立医科大学生涯研修センター 3階 研修室
発表者 リハビリテーション医学教室 田島文博教授
げんき開発研究所 三井利仁副所長

発表内容

まもなく開催される「ロンドン2012パラリンピック」に当大学げんき開発研究所の三井副所長を、陸上競技の技術総務として派遣します。
当大学附属病院は、今年7月1日より「公益財団法人日本障害者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会推薦メディカルチェック医療機関」に指定されており、障害者スポーツ選手を医療面から支援することに努めています。

1.派遣者 三井 利仁(和歌山県立医科大学げんき開発研究所 副所長)
・専門分野:コーチング論 /トレーニング論 /障害者スポーツ概論
・オリンピック、パラリンピックあわせて過去6大会に、コーチ・監督・役員として参加。
・2008年の北京パラリンピックでは、 日本人として初めて国際パラリンピック委員会の陸上競技国際技術委員(ITO)を務めた。
2.役職 日本代表 陸上競技 技術総務
3.大会日程 ロンドン2012パラリンピック競技大会
大会期間:8月29日~9月9日
陸上競技日程:8月31日~9月9日

げんき開発研究所について

和歌山県立医科大学みらい医療推進センターの中核施設。
運動療法や食事療法、温泉医学、観光医学、スポーツ医学分野の研究を展開。

パラリンピックについて

パラリンピック(Paralympic)は、4年に1度、夏季と冬季のオリンピック終了後にオリンピック開催都市で行われている「もう一つの(Parallel)+オリンピック(Olympic)」のこと。

陸上競技国際技術委員(International Technical Officer)について

走競技、投てき競技、跳躍競技、道路競技(マラソン)からなる全ての陸上競技において、規則違反や選手をとりまく抗議が選手にとって不利にならない為の判断をする委員。
アジアには3名で、世界でも20名ほどしかいない。

ロンドン2012オリンピックへの職員派遣

ロンドン2012オリンピック(7/27~8/12開催)には、げんき開発研究所より馬渕博行研究員をアーチェリー日本代表トレーナーとして派遣している。

発表資料データダウンロード