現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(村田 晋一)
ここから本文です

教員情報

氏名  村田 晋一 写真
所属  人体病理学講座/病理診断科
連絡先 smurata@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目  病理診断学
主な研究テーマ  1) 診断病理学的研究(甲状腺癌と膀胱癌を中心として).
 2) 定量的形態解析法の開発.
 3) 腫瘍における構造異型および細胞異型の分子病理学的背景.
研究分野  人体病理学
略歴 1986年 富山医科薬科大学医学部・卒業
1990年 京都府立医科大学大学院・修了

1990年 京都府立医科大学・第一病理学教室・助手
1995年 京都府立医科大学附属病院・病院病理部・助手
1998年 メリーランド大学(米国)・蛍光物理学センター留学
1999年 メリーランド大学(米国)・病理学教室へ転属留学
2000年 京都府立医科大学・第一病理学教室・助手(学内講師)
2001年 山梨大学医学部・人体病理学教室・准教授
2007年 埼玉医科大学国際医療センター・病理診断科・教授
2012年 和歌山県立医科大学・人体病理学講座・教授
2015年 和歌山県立医科大学附属病院・病理診断科・科長兼任
主な著書・論文

* Kojima F, Koike H, Matsuzaki I, Iwahashi Y, Warigaya K, Fujimoto M, Ono K, Urata Y, Kohjimoto Y, Hara I, Murata SI. Macrocystic ductal adenocarcinoma of prostate: A rare gross appearance of prostate cancer. Diagn Pathol. 2017 Apr;27:7-13.
* Itonaga M, Matsuzaki I, Warigaya K, Tamura T, Shimizu Y, Fujimoto M, Kojima F, Ichinose M, Murata S. Novel Methodology for Rapid Detection of KRAS Mutation Using PNA-LNA Mediated Loop-Mediated Isothermal Amplification. PLoS One. 2016 Mar 21;11(3):e0151654.
* Fujimoto M, Yamamoto Y, Matsuzaki I, Warigaya K, Iwahashi Y, Kojima F, Furukawa F, Murata SI. Tumor budding is an independent risk factor for lymph node metastasis in cutaneous squamous cell carcinoma: a single center retrospective study. J Cutan Pathol. 2016 May 26. doi: 10.1111/cup.12740. [Epub ahead of print] PMID: 27226362
* Fujimoto M, Matsuzaki I, Yamamoto Y, Yoshizawa A, Warigaya K, Iwahashi Y, Kojima F, Furukawa F, Murata SI. Adipophilin expression in cutaneous malignant melanoma. J Cutan Pathol. 2016 Nov 25. doi: 10.1111/cup.12868. [Epub ahead of print] PMID: 27886404
* Murata SI, Warigaya K, Matsuzaki I, Itonaga M, Shimizu Y, Shuto M.: Microtubule-organizing center-mediated nuclear polarity in various normal and neoplastic human tissues. Virchows Arch. 2015 Jun;466(6):625-35.

学位  医学博士
受賞  
所属学会  日本病理学会・日本臨床細胞学会
社会貢献活動