現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(村田 祥吾)
ここから本文です

教員情報

氏名 村田 祥吾 写真
所属 血液内科学講座
連絡先 TEL : 073-441-0665
主な担当科目 血液内科学
主な研究テーマ 1. 造血不全におけるNKG2D介在性免疫
2. PIGT-PNHの病態解明
3. 血液疾患におけるインフラマソーム活性化機序の解明
研究分野 1. 血液内科学
2. 免疫学
略歴 2007年3月 和歌山県立医科大学卒業
2011年4月 和歌山県立医科大学大学院医学研究科器官病態医学専攻 入学
2015年12月 医学博士号取得 
主な著書・論文

1: Murata S, Mushino T, Hosoi H, Kuriyama K, Nishikawa A, Nakakuma H, Sonoki T, Hanaoka N.: Extracorporeal antimicrobial elimination enables antimicrobial mixing and affects resident bacteria. J Antimicrob Chemother. 2016 May;71(5):1430-2.

2: Murata S, Mushino T, Hosoi H, Kuriyama K, Kurimoto M, Watanuki J, Nishikawa A, Sonoki T, Nakakuma H, Hanaoka N.: Real-time monitoring of antimicrobial use density to reduce antimicrobial resistance through the promotion of antimicrobial heterogeneity in a haematology/oncology unit. J Antimicrob Chemother. 2015 Sep;70(9):2661-4.

3: Hanaoka N, Murata S, Hosoi H, Shimokado A, Mushino T, Kuriyama K, Hatanaka K, Nishikawa A, Kurimoto M, Sonoki T, Muragaki Y, Nakakuma H.: B-Cell-Rich T-Cell Lymphoma Associated with Epstein-Barr Virus-Reactivation and T-Cell Suppression Following Antithymocyte Globulin Therapy in a Patient with Severe Aplastic Anemia. Hematol Rep. 2015 Sep 23;7(3):5906.

4: Uneda S, Murata S, Sonoki T, Matsuoka H, Nakakuma H.: Successful treatment with liposomal doxorubicin for widespread Kaposi's sarcoma and human herpesvirus-8 related severe hemophagocytic syndrome in a patient with acquired immunodeficiency syndrome. Int J Hematol. 2009 Mar;89(2):195-200.

学位 博士(医学) (和歌山県立医科大学 甲 第 524 号)
受賞  
所属学会 日本内科学会、日本血液学会、日本臨床腫瘍学会、日本造血細胞移植学会、
日本輸血・細胞治療学会、日本補体学会
社会貢献活動 公益財団法人日本骨髄バンク調整医師