現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(西澤 哲)
ここから本文です

教員情報

氏名 西澤 哲 写真
所属 泌尿器科学講座
連絡先  
主な担当科目 泌尿器科
主な研究テーマ 癌幹細胞を標的とした免疫療法
研究分野 癌免疫療法
略歴 ・2002年3月 和歌山県立医科大学医学部卒業
・2004年4月 公立那賀病院 医員
・2006年4月 和歌山県立医科大学泌尿器科 学内助教
・2012年4月 和歌山県立医科大学泌尿器科 助教
・2013年8月 りんくう総合医療センター 泌尿器科 医長
・2016年4月 和歌山県立医科大学泌尿器科 助教
主な著書・論文 Nishizawa S, Hirohashi Y, Torigoe T, Takahashi A, Tamura Y, Mori T, Kanaseki T, Kamiguchi K, Asanuma H, Morita R, Sokolovskaya A, Matsuzaki J, Yamada R, Fujii R, Kampinga HH, Kondo T, Hasegawa T, Hara I, Sato N. HSP DNAJB8 controls tumor-initiating ability in renal cancer stem-like cells. Cancer Res. 2012 Jun 1;72(11):2844-54. doi: 10.1158/0008-5472.CAN-11-3062. Epub 2012 May 2.
Nishizawa S, Hirohashi Y, Kusumoto H, Wakamiya T, Iguchi T, Yamashita S, Iba A, Kikkawa K, Kohjimoto Y, Torigoe T, Hara I. Identification of antigenic peptides from novel renal cancer stem-like cell antigen, DNAJB8. Biochem Biophys Res Commun. 2017 Dec 16;494(3-4):693-699. doi: 10.1016/j.bbrc.2017.10.146.
Nishizawa S, Inagaki T, Iba A, Kikkawa K, Kodama Y, Matsumura N, Kohjimoto Y, Hara I: Zoledronic acid prevents decreases in bone mineral density in patients with prostate cancer undergoing combined androgen blockade. Springerplus. 2014;3:586. doi: 10.1186/2193-1801-3-586.
Nishizawa S, Mori T, Shintani Y, Kohjimoto Y, Inagaki T, Hara I. Applicability of blunt renal trauma classification of Japanese Association for the Surgery of Trauma (JAST). Int J Urol. 2009 Nov;16(11):862-7. doi: 10.1111/j.1442-2042.2009.02392.x.
学位 2012年7月、医学博士(和歌山県立医科大学)
受賞  
所属学会 日本泌尿器科学会、日本癌治療学会、日本癌学会
社会貢献活動