現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(金澤 伸雄)
ここから本文です

教員情報

氏名 金澤 伸雄 写真
所属 皮膚科
連絡先 073-441-0661(皮膚科医局)
主な担当科目 皮膚科(一般・薬疹外来、遠隔外来、セカンドオピニオン外来)、遺伝診療部
主な研究テーマ ・凍瘡様皮疹を呈する遺伝性インターフェロン異常症における遺伝子変異同定と病態解
析(自己炎症性症候群Blau症候群と中條−西村症候群の病態解析と新規治療標的探索、中條−西村症候群様新規プロテアソーム関連自己炎症性症候群の病態解明、タンパク質分解システムの新規の機能的意義の解明、ネオ・セルフ生成機構としての免疫プロテアソームの機能的意義)
・皮膚の遺伝関連性希少難治性疾患群の網羅的研究(Weber-Christian病、Sweet病、Schnitzler症候群)
・自己炎症性疾患とその類縁疾患の全国診療体制整備、重症度分類、診療ガイドライン確立に関する研究(中條−西村症候群、PAPA症候群ほか)
研究分野 皮膚炎症免疫学(アトピー性皮膚炎、乾癬、蕁麻疹、サルコイドーシス、疥癬、ハンセン病、薬疹)、自己炎症性疾患(中條−西村症候群)、遺伝子解析、かゆみなど
略歴 平成 6年 3月 京都大学医学部卒業
平成 6年 4月 京都大学医学部附属病院皮膚科入局
平成 7年 6月 兵庫県立尼崎病院皮膚科研修医
平成 8年 4月 京都大学大学院医学研究科博士課程入学
平成12年 4月 国立京都病院皮膚科医師
平成13年10月 京都大学大学院医学研究科皮膚科学助手
平成15年 4月 ドイツ・エアランゲン大学皮膚科ポストドクトラルフェロー
平成17年 1月 京都大学大学院医学研究科皮膚科学助手
平成18年 1月 和歌山県立医科大学医学部皮膚科学講師
平成27年12月 和歌山県立医科大学医学部皮膚科学准教授
主な著書・論文 Kanazawa N, et al: Fractalkine and macrophage-derived chemokine: T cell attracting chemokines expressed in T cell area dendritic cells. Eur J Immunol 29:1925-1932, 1999
Kanazawa N, et al: Dendritic cell immunoactivating receptor, a novel C-type lectin immunoreceptor, acts as an activating receptor through association with Fc receptor g chain. J Biol Chem 278: 32645-32652, 2003
Kanazawa N, et al: Early-onset sarcoidosis and CARD15 mutations with constitutive nuclear factor-kB activation: common genetic etiology with Blau syndrome. Blood 105: 1195-1197, 2005
Kanazawa N, Furukawa F: Autoinflammatory syndromes with a dermatological perspective. J Dermatol 34: 601-618, 2007
Arima K, (2 authors), Kanazawa N, et al: Proteasome assembly defect due to a proteasome subunit beta type 8 (PSMB8) mutation causes the autoinflammatory disorder, Nakajo-Nishimura syndrome. Proc Natl Acad Sci U S A 108: 14914-14919, 2011
Kanazawa N, et al: A novel IL36RN mutation in a Japanese case of early-onset generalized pustular psoriasis. J Dermatol 40: 749-751, 2013
Kanazawa N, et al: Autoimmunity versus autoinflammation - friend or foe? Wien Med Wochenschr 164: 274-277, 2014
Tamura S, (16 authors), Kanazawa N: Novel compound heterozygous DNA ligase IV mutations in an adolescent with a slowly-progressing radiosensitive-severe combined immunodeficiency. Clin Immunol 160: 255-260, 2015
Honda-Ozaki F, (12 authors), Kanazawa N, et al: Pluripotent stem cell model of Nakajo-Nishimura syndrome untangles proinflammatory pathways mediated by oxidative stress. Stem cell Reports 2018 in press
学位 京都大学医学博士
受賞 国際研究皮膚科学会ポスター賞(1998)、ガルデルマ賞(2004)、和歌山県皮膚科医会医学奨励賞(2012)、和歌山県立医科大学次世代リーダー賞(2017)
所属学会 日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会(評議員)、日本アレルギー学会(代議員)、日本皮膚免疫アレルギー学会(代議員)、日本免疫不全・自己炎症学会(理事)など
社会貢献活動 和歌山県皮膚科医会理事(ひふの日担当)、日本皮膚科学会専門医、日本アレルギー学会指導医・専門医、臨床遺伝専門医