現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(上中 智香子)
ここから本文です

教員情報

氏名 上中 智香子 写真
所属 皮膚科 寄附講座光学的美容皮膚科
連絡先  
主な担当科目 一般皮膚科、美容皮膚科
主な研究テーマ 原発性腋窩多汗症に対するマイクロ波療法
研究分野 美容皮膚科
略歴 平成11年 4月 和歌山県立医科大学附属病院 診療医 臨床研修開始
平成13年 3月    同                  修了
平成13年 4月 和歌山県立医科大学附属病院皮膚科 臨床研究医 委嘱
平成15年 3月    同                   解嘱
平成15年 4月 りんくう総合医療センター市立泉佐野病院皮膚科(医員) 勤務
平成15年 4月 和歌山県立医科大学研究生甲(皮膚病態学) 入学
平成17年 9月    同                 退学
平成18年 3月 りんくう総合医療センター市立泉佐野病院皮膚科(医員) 退職
平成18年 4月 和歌山県立医科大学附属病院皮膚科 学内助教  委嘱
平成19年 3月    同                   解嘱
平成19年 4月 野上病院皮膚科 医員 勤務
平成19年12月   同        退職
平成20年 1月 和歌山県立医科大学医学部 統合的美容皮膚探索講座(寄附講座)
                         助教    採用
平成22年10月 和歌山県立医科大学医学部皮膚科 助教    配置換え
平成24年 4月 和歌山県立医科大学医学部 光学的美容皮膚科講座(寄附講座)
                         寄附講座講師 採用
主な著書・論文 2017年
1. 上中智香子:ホームピーリングとメデイカルエステ,再考!美容皮膚科診療-自然な若返りを望む患者への治療のコツ-,森脇真一編,MB Derma,262:127-134,2017
2. Kaminaka C, Furukawa F, Yamamoto Y: The Clinical and Histological Effect of a Low-Fluence Q-Switched 1,064-nm Neodymium: Yttrium-Aluminum-Garnet Laser for the Treatment of Melasma and Solar Lentigo in Asians: Prospective, Randomized, and Split-Face Comparative Study, Dermatol Surg, 2017
3. 上中智香子,古川福実:痤瘡改善を狙ったスキンケア製品によるホームケアの考え方,痤瘡と痤瘡様皮疹のマネジメント,薬局,68:101-105,2017.
4. 上中智香子:ニキビ(痤瘡)のケミカルピーリング,美容皮膚科ハンドブック,川田暁編,163-168,中外医学社,東京,2017

学位 平成21年 9月 博士(医学)(和歌山県立医科大学 第甲401号)
受賞 平成21年 6月 和歌山県皮膚科医会医学奨励賞 受賞
平成23年 4月 和歌山県立医科大学若手研究奨励賞 受賞
平成24年 7月 和歌山医学会青洲賞 受賞
平成24年 8月 第30回日本美容皮膚科学会学術大会優秀演題賞 
平成25年 8月 第31回日本美容皮膚科学会学術大会ポスター賞 
平成27年 7月 第33回日本美容皮膚科学会学術大会優秀演題賞 
平成28年 6月 2015年Aesthetic Dermatology優秀論文賞
所属学会 日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会
社会貢献活動