現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(山田 宏)
ここから本文です

教員情報

氏名 山田 宏 写真
所属 整形外科学講座
連絡先 yamacha@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 整形外科学
主な研究テーマ ・運動器疾患に対する低侵襲手術手技の研究・開発
・腰部神経根性疼痛メカニズムの解明
・脊髄後角細胞のパッチクランプ法を用いた疼痛伝達経路の解明
・脊椎加齢変性疾患の疫学研究
・電機生理学的神経機能モニタリング法の基礎・臨床研究
・腰痛疾患治療成績向上への新しい取り組み
・次世代脊椎画像診断モダリティーの開発
研究分野 脊椎・脊髄外科全般 低侵襲脊椎外科 脊柱変形手術
略歴 昭和63年4月 和歌山県立医科大学附属病院 診療医臨床研修 開始
平成2年3月     同           修了
平成4月4月  米国ミネソタ大学 整形外科研究員   留学
平成5年11月       同            帰国
平成6年4月  和歌山県立医科大学附属病院 臨床研究医  委嘱
平成7年3月        同        退職
平成7年4月  和歌山県立医科大学 医学部 整形外科学講座 助手  委嘱
平成8年3月        同          退職
平成8年4月  国保橋本市民病院 整形外科(副医長)  委嘱
平成10年3月      同  退職
平成10年4月 和歌山県立医科大学 医学部 整形外科学講座 助手  委嘱
平成14年10月      同          退職
平成14年11月 和歌山県立医科大学 医学部 整形外科学講座 非常勤講師 委嘱
平成14年11月 新宮市立医療センター 整形外科(部長)   委嘱
平成17年6月      同 退職
平成17年7月  和歌山労災病院 整形外科(脊椎センター長) 委嘱
平成19年3月       同                 退職
平成19年4月  和歌山県立医科大学 医学部 整形外科学講座 講師 委嘱
平成25年5月  和歌山県立医科大学 医学部 整形外科学講座 准教授 委嘱
平成29年6月  和歌山県立医科大学 医学部 整形外科学講座 教授 委嘱
主な著書・論文 1. 山田 宏 後方進入内視鏡下手術を行うために知っておきたい解剖の基本 腰椎椎間孔 p11-13 編集 吉田宗人 編集協力 中川幸洋 医学書院 2017
2. 山田 宏 椎間孔部狭窄に対する内視鏡手術 手術について 脊椎内視鏡下手術p149-153 編集 吉田宗人 編集協力 中川幸洋 医学書院 2017
3. 山田 宏 椎間孔部狭窄に対する内視鏡手術 椎間孔部狭窄症に特徴的な理学所見、画像所見、p153-157 編集 吉田宗人 編集協力 中川幸洋 医学書院 2017
4. 山田 宏 術後性後根神経節関連神経痛の予防と発生対策 p224-225 編集 吉田宗人 編集協力 中川幸洋 医学書院 2017
5. Fukui D, Kawakami M, Nakao SI, Miyamoto E, Morishita S, Matuoka T, Yamada H: Reduced blood loss and operation time in lumbar posterolateral fusion using a bipolar sealer. Eur Spine J. 26(3):726-732, 2017.
6. Nagata K, Hashizume H, Yamada H, Yoshida M. Long-term survival case of malignant glomus tumor mimicking ""dumbbell-shaped"" neurogenic tumor. Eur Spine J.26(Suppl 1):42-46, 2017.
7. Takami M, Okada M, Enyo Y, Iwasaki H, Yamada H, Yoshida M. Noncontiguous double-level unstable spinal injuries. Eur J Orthop Surg Traumatol. 27(1):79-86, 2017.
8. Ishimoto Y, Yoshimura N, Muraki S, Yamada H, Nagata K, Hashizume H, Takiguchi N, Minamide A, Oka H, Tanaka S, Kawaguchi H, Nakamura K, Akune T, Yoshida M: Association of Lumbar Spondylolisthesis With Low Back Pain and Symptomatic Lumbar Spinal Stenosis in a Population-based Cohort: The Wakayama Spine Study. Spine 42(11): E666-E671, 2017.
9. Fukui D, Kawakami M, Cheng K, Murata K, Yamada K, Sato R, Yoshida M, Yamada H, Inoue N, Masuda K: Three-dimensional micro-computed tomography analysis for spinal instability after lumbar facetectomy in the rat. Eur Spine J.26(8):2014-2020, 2017.
10. Teraguchi M, Yoshimura N, Hashizume H, Yamada H, Oka H, Minamide A, Nagata K, Ishimoto Y, Kagotani R, Kawaguchi H, Tanaka S, Akune T, Nakamura K, Muraki S,Yoshida M: Progression, incidence, and risk factors for intervertebral disc degeneration in a longitudinal population-based cohort: the Wakayama Spine Study. Osteoarthritis Cartilage. 25(7):1122-1131, 2017.
11. Minamide A, Yoshida M, Iwahashi H, Simpson AK, Yamada H, Hashizume H, Nakagawa Y, Iwasaki H, Tsutsui S, Kagotani R, Sonekatsu M, Sasaki T, Shinto K, Deguchi T: Minimally invasive decompression surgery for lumbar spinal stenosis with degenerative scoliosis: Predictive factors of radiographic and clinical outcomes. J Orthop Sci. 22(3):377-383, 2017.
12. Nagata K, Yoshimura N, Hashizume H, Ishimoto Y, Muraki S, Yamada H, Oka H,
Kawaguchi H, Akune T, Tanaka S, Nakamura K, Yoshida M: The prevalence of tandem spinal stenosis and its characteristics in a population-based MRI study: The Wakayama Spine Study. Eur Spine J. 26(10):2529-2535, 2017.
13. Kitano T, Yamada H, Kida M, Okada Y, Saika S, Yoshida M. Impaired Healing of a Cutaneous Wound in an Inducible Nitric Oxide Synthase-Knockout Mouse. Dermatol Res Pract, 2017.
14. Asai Y, Tsutsui S, Oka H, Yoshimura N, Hashizume H, Yamada H, Akune T, Muraki S, Matsudaira K, Kawaguchi H, Nakamura K, Tanaka S, Yoshida M. Sagittal spino-pelvic alignment in adults: The Wakayama Spine Study. PLoS One12(6): e0178697, 2017.
15. Minamide A, Yoshida M, Simpson AK, Yamada H, Hashizume H, Nakagawa Y, Iwasaki H, Tsutsui S, Okada M, Takami M, Nakao SI: Microendoscopic laminotomy versus conventional laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy: 5-year follow-up study. J Neurosurg Spine 27(4):403-409, 2017.
16. Sasaki T, Yoshimura N, Hashizume H, Yamada H, Oka H, Matsudaira K, Iwahashi H, Shinto K, Ishimoto Y, Nagata K, Teraguchi M, Kagotani R, Muraki S, Akune T, Tanaka S, Kawaguchi H, Nakamura K, Minamide A, Nakagawa Y, Yoshida M: MRI-defined paraspinal muscle morphology in Japanese population: The Wakayama Spine Study. PLoS One 12(11): e0187765, 2017.
17.Minamide A, Yoshida M, Simpson AK, Nakagawa Y, Iwasaki H, Tsutsui S, Takami M, Hashizume H, Yukawa Y, Yamada H. Minimally invasive spinal decompression for degenerative lumbar sp ondylolisthesis and stenosis maintains stability and may avoid the need for fusion. Bone Joint J. 100-B (4):499-506, 2018. 
学位 医学博士
受賞 2005年  和歌山県立医科大学整形外科同門会優秀論文教授賞受賞
論文名:頚髄症患者における末梢神経幹電気刺激による10秒間テストの変化-巧緻運
動障害の予後を予測する手法として-
雑誌名:脊髄機能診学 26(1):90-93, 2004
発表者:山田 宏、玉置公一、岡本賢俊、筒井俊二、舟津稔博、吉田宗人、川上 守、安藤宗治、中川幸洋、玉置哲也、高見正成
2010年 The best clinical paper presentation award
演題名:The failed spine due to the double-crush syndrome of the 5th lumbar spinal nerve. - Efficacy of posterior spinal endoscopic surgery for its salvage-
学会名:The Combined Meeting of 10th PASMISS and 4th WENMISS (平成22年8月、Taipei, Taiwan)
発表者:Yamada H, Yoshida M, Hashizume H, Minamide A, Nakagawa Y, Kawai M,
Iwasaki H, Tsutsui S, Okada M, Kioka M, Ishimoto Y, Nagata K,
Takiguchi N.
2011年 和歌山県立医科大学整形外科同門会優秀論文 教授賞受賞
論文名:Efficacy of novel minimally invasive surgery using spinal microendoscope for treating extraforaminal stenosis at the lumbosacral junction..
雑誌名:J Spinal Disord Tech 25(5):268-276,2012
発表者:Yamada H, Yoshida M, Hashizume H, Minamide A, Nakagawa Y, Kawai M, Iwasaki H, Tsutsui S
2012年 和歌山県立医科大学 優秀教員表彰
所属学会 ・日本整形外科学会
・日本脊椎脊髄病学会
・日本成人脊柱変形学会
・日本側弯症学会
・日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会
・日本臨床神経生理学会
・日本脊髄障害学会
・日本最小侵襲整形外科学会
・日本脊椎インストゥルメンテーション学会
・日本腰痛学会
・日本脊椎前方側方進入研究会
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
・日本臨床スポーツ医学会
・日本肘関節学会
・日本足の外科学会
・人工関節学会
・中部日本整形外科災害外科学会
・脊髄機能診断研究会
・日本生体電気・物理刺激研究会
・和歌山医学会
・和歌山整形外科医会
・International Society for the Study of the Lumbar Spine
・Pacific Asian Society of Minimally Invasive Spine Surgery
・Society of Lateral Access Surgery
社会貢献活動