現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(下江 隆司)
ここから本文です

教員情報

氏名 下江 隆司 写真
所属 整形外科学講座
連絡先  
主な担当科目 整形外科学
主な研究テーマ 末梢神経修復術後の治療成績評価、
運動器慢性疼痛の対する異常血管塞栓療法の効果検証
研究分野 肘関節外科、手の外科、末梢神経外科、再建外科
略歴  
主な著書・論文 1) T Shimoe, K Doi, T Madura, KK Kumar, TD Montales, Y Hattori, S Sakamoto, K Yukata, M Yoshida: Analysis of shoulder abduction by dynamic shoulder radiograph following suprascapular nerve repair in brachial plexus injury. J Orthop Sci 22:840-845, 2017
2) T Shimoe, Y Taniguchi, M Yoshida: Carpal Tunnel Syndrome in Patient with Hemihypertrophy: Case Report. Hand Surgery 18 (3):411-412, 2013
3)下江隆司, 谷口泰徳, 北野岳史, 浅井宣樹, 吉田宗人 : 膠原病に合併したKienböck病.日手会誌26(3): 97-99, 2010
4)下江隆司, 谷口泰德, 浅井宣樹, 辻本修平: 高齢者舟状骨偽関節に対する舟状骨摘出術. 日手会誌 30:312-315, 2013
5)下江隆司, 谷口泰徳, 浅井宣樹, 辻本修平: 舟状骨偽関節に伴う手根管症候群. 日手会誌31(3):264-267, 2014
学位 博士(医学)
受賞  
所属学会  
社会貢献活動