現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(山上 裕機)
ここから本文です

教員情報

氏名 山上 裕機 写真
所属 外科学第2講座 教授
連絡先  
主な担当科目 消化器外科学
主な研究テーマ 【最近の主な研究課題】 
1. 膵癌の手術;膵頭十二指腸切除術・体尾部切除術の術式開発、進行膵癌の新術式開発
2. 膵癌ペプチドワクチン療法の開発
3. 膵癌・肝癌の遺伝子解析および分子マーカー解析
研究分野 【主な専門領域】
肝胆膵悪性腫瘍の手術、とくに膵癌の手術
消化器癌の集学的治療,とくに免疫療法
略歴 1981年04月 和歌山県立医科大学附属病院 診療医
1985年11月 和歌山県立医科大学 消化器外科 助手
1991年08月 和歌山県立医科大学 消化器外科 講師
1992年09月 アメリカNIHの国立がん研究所(NCI)にてVisiting Associateとして癌免疫遺伝子治療の基礎研究に従事
1994年04月 和歌山県立医科大学 外科学第2講座 講師(大学の機構改革で講座名変更)
2001年06月 和歌山県立医科大学 外科学第2講座 教授
2014年04月 和歌山県立医科大学 医学部長
2017年04月 和歌山県立医科大学附属病院 病院長
主な著書・論文 【著書(編者)】
1. Hiroki Yamaue (Editor): Innovation of Diagnosis and Treatment for Pancreatic Cancer. ISBN 978-981- 10-2486-3 (eBook), 2017, Springer.
2. Sun-Whe Kim and Hiroki Yamaue (Editors): Pancreatic Cancer. With Special Focus on Topical Issues and Surgical Techniques. ISBN 978-3-662-47181-4 (eBook), 2017, Springer.
【原著論文】
1. Hirono S, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Kitahata Y, Hayami S, Ueno M, Yamaue H; Modified Blumgart mattress suture versus conventional interrupted suture in pancreaticojejunostomy during pancreaticoduodenectomy: randomized controlled trial. Ann Surg. 2018, (in press).
2. Hirono S, Kawai M, Okada KI, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y, Ueno M, Yanagisawa A, Yamaue H: Factors Associated With Invasive Intraductal Papillary Mucinous Carcinoma of the Pancreas. JAMA Surg. 2017 Mar 15;152(3):e165054. doi: 10.1001/jamasurg.2016.5054. Epub 2017 Mar 15.
3. Jang JY, Park T, Lee S, Kim Y, Lee SY, Kim SW, Kim SC, Song KB, Yamamoto M, Hatori T, Hirono S, Satoi S, Fujii T, Hirano S, Hashimoto Y, Shimizu Y, Choi DW, Choi SH, Heo JS, Motoi F, Matsumoto I, Lee WJ, Kang CM, Han HS, Yoon YS, Sho M, Nagano H, Honda G, Kim SG, Yu HC, Chung JC, Nagakawa Y, Seo HI, Yamaue H: Proposed Nomogram Predicting the Individual Risk of Malignancy in the Patients With Branch Duct Type Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas. Ann Surg. 2017 Dec;266(6):1062-1068.
4. Kawai M, Hirono S, Okada K, Sho M, Nakajima Y, Eguchi H, Nagano H, Ikoma H, Morimura R, Takeda Y, Nakahira S, Suzumura K, Fujimoto J, Yamaue H: Randomized Controlled Trial of Pancreaticojejunostomy versus Stapler Closure of the Pancreatic Stump During Distal Pancreatectomy to Reduce Pancreatic Fistula. Ann Surg. 2016 Jul;264(1):180-7.
5. Ueno M, Hayami S, Shigekawa Y, Kawai M, Hirono S, Okada KI, Tamai H, Shingaki N, Mori Y, Ichinose M, Yamaue H: Prognostic impact of surgery and radiofrequency ablation on single nodular HCC ≤ 5 cm: cohort study based on serum HCC markers. J Hepatol. 2015 Jul 23. pii: S0168-8278(15)00476-6
6. Hirono S, Tani M, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y, Yamaue H:The carcinoembryonic antigen level in pancreatic juice and mural nodule size are predictors of malignancy for branch duct type intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas. Ann Surg. 2012 Mar;255(3):517-22.
7. Kiriyama S, Uchiyama K, Ueno M, Ozawa S, Hayami S, Tani M, Yamaue H:Triple positive tumor markers for hepatocellular carcinoma are useful predictors of poor survival. Ann Surg. 2011 Dec;254(6):984-91.
8. Kawai M, Tani M, Hirono S, Miyazawa M, Shimizu A, Uchiyama K, Yamaue H:Pylorus ring resection reduces delayed gastric emptying in patients undergoing pancreatoduodenectomy: a prospective, randomized, controlled trial of pylorus-resecting versus pylorus-preserving pancreatoduodenectomy. Ann Surg. 2011 Mar;253(3):495-501.
9. Kawai M, Tani M, Terasawa H, Ina S, Hirono S, Nishioka R, Miyazawa M, Uchiyama K, Yamaue H:Early removal of prophylactic drains reduces the risk of intra-abdominal infections in patients with pancreatic head resection: prospective study for 104 consecutive patients. Ann Surg. 2006 Jul;244(1):1-7.
10. Tani M, Terasawa H, Kawai M, Ina S, Hirono S, Uchiyama K, Yamaue H:Improvement of delayed gastric emptying in pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy: results of a prospective, randomized, controlled trial. Ann Surg. 2006 Mar;243(3):316-20.
11. Uchiyama K, Onishi H, Tani M, Kinoshita H, Kawai M, Ueno M, Yamaue H:Long-term prognosis after treatment of patients with choledocholithiasis. Ann Surg. 2003 Jul;238(1):97-102.
学位 1989年  4月 医学博士 (和歌山県立医科大学 乙第405号)
受賞 ・優秀演題賞受賞(第1回国際胃癌学会,京都,1995)
・公益法人小林がん学術振興会 第5回革新的研究助成
・財団法人藤井節郎記念 平成22年度大阪基礎医学研究奨励会
・The Pin-Wen Lin Award 2017(The 10th pancreatic cancer international conference in Taiwan)
・2018 (平成30 )年度日本外科学会臨床研究助成
所属学会 1. 日本外科学会: 代議員,認定医・専門医・指導医
2. 日本消化器外科学会: 理事, 評議員,認定医・専門医・指導医
3. 日本臨床外科学会: 評議員
4. 日本肝胆膵外科学会: 理事, 評議員, Scientific Committee, プロジェクト研究委員長
高度技能専門医資格認定委員長, 胆道癌取り扱い規約委員
5. 日本膵臓学会: 理事, 評議員, 膵癌診療ガイドライン作成委員, 財務委員
将来計画委員, IAP2016準備委員
6. 日本癌学会: 評議員
7. 日本癌治療学会: 代議員,英文誌Editorial Board
8. 日本バイオセラピィ学会: 理事(前 理事長),評議員
9. 阪神膵臓外科研究会: 顧問
10. 近畿膵疾患談話会: 代表世話人
11. 手術手技研究会: 世話人
12. 日本膵切研究会: 運営委員
13. International Association of Pancreatology: Director, Scientific Committee
14. International Hepato-Pancreato-Biliary Association:Research Committee
15. American Society of Clinical Oncology:Active member
16. American Association for Cancer Research: Active member
上記を含め 計43学会・研究会の役員として活動
社会貢献活動 【最近の主な活動】
・和歌山県がん対策推進委員会
・和歌山県生活習慣病検診管理指導協議会
・一般社団法人全国医学部長病院長会議事務局(AJMC) 国家試験改善検討WG
・一般社団法人全国医学部長病院長会議事務局(AJMC) 医師養成のグランドデザイン検証WG
・大阪府立成人病センター研究所評価委員会
・独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員【基盤研究(S)】