現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(廣野 誠子)
ここから本文です

教員情報

氏名 廣野 誠子 写真
所属 外科学第2講座
連絡先 seiko-h@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 消化器外科
主な研究テーマ 膵癌の生存期間延長を目指した外科手術の研究、膵IPMNの良悪性鑑別に関する研究
研究分野 膵癌、膵疾患
略歴 平成12年 4月  和歌山県立医科大学附属病院 研修医  臨床研修開始
平成14年 3月  和歌山県立医科大学附属病院 研修医 修了
平成14年 4月  公立那賀病院外科 勤務
平成14年 4月  和歌山県立医科大学 研究生甲(外科学(2)) 入学
平成16年 3月  和歌山県立医科大学 研究生甲(外科学(2)) 退学
平成16年 3月  公立那賀病院外科 退職
平成20年 4月  和歌山県立医科大学附属病院 学内助教  委嘱
平成25年 1月  和歌山県立医科大学附属病院 助教  委嘱
平成26年 8月  和歌山県立医科大学附属病院 講師  委嘱
平成28年 4月  Johns Hopkins University visiting clinicianとして留学(4~7月)
平成28年 8月  Heidelberg University visiting clinicianとして留学(8~10月)
平成30年 5月  現在にいたる
主な著書・論文 1. Hirono S, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Kitahata Y, Hayami S, Ueno M, Yamaue H. Modified Blumgart mattress suture versus conventional interrupted suture in pancreaticojejunostomy during pancreaticoduodenectomy: randomized controlled trial. Ann Surg, 2018 (in press).
2. Hirono S, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y, Ueno M, Shimokawa T, Nakao A, Yamaue H. Mesenteric approach during pancreaticoduodenectomy for pancreatic ductal adenocarcinoma. Ann Gastroenterol Surg. 1:208-218,2017.
3. Hirono S, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y, Ueno M, Yanagisawa A, Yamaue H. Factors associated with invasive intraductal papillary mucinous carcinoma of the pancreas. JAMA Surg. 2017 Mar 15;152(3):e165054.doi:10.1001/jamasurg.2016.5053.Epub 2017 Mar 15.
4. Hirono S, Kawai M, Yamashita Y, Okada K, Miyazawa M, Ueno M, Maeda Y, Itonaga M, Kitano M, Yamaue H. Successful removal of an internal pancreatic stent that migrated into the bile duct using double-balloon enteroscopy after pancreaticoduodenectomy. Surg Today. 48:167-174,2017.
5. Hirono S, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y, Ueno M, Yamaue H. Long-term surveillance is necessary after surgical resection for intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. Surgery. 160:306-317, 2016.
6. Hirono S, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y, Ueno M, Yamaue H. Pancreatic neck cancer has specific and oncologic characteristics regarding portal vein invasion and lymph node metastasis. Surgery. 159:426-440, 2016.
7. Hirono S, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y, Ueno M, Yamaue H. Treatment strategy for borderline resectable pancreatic cancer with radiographic artery involvement. Pancreas 45: 1438-1446, 2016.
8. Hirono S, Murakami Y, Tani M, Kawai M, Okada K, Uemura K, Sudo T, Hashimoto Y, Nakagawa N, Kondo N, Yamaue H. Identification of risk factors for pancreatic exocrine insufficiency after pancreaticoduodenectomy using a 13C-labeled mixed triglyceride breath test. World J Surg. 39:516-525, 2015.
9. Hirono S, Yamaue H: Tips and tricks of the surgical technique for borderline resectable pancreatic cancer: mesenteric approach and modified distal pancreatectomy with en-bloc celiac axis resection. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 22:E4-7,2015.
10. Hirono S, Kawai M, Tani M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y and Yamaue H. Indication for the use of an interposed graft during portal vein and/or superior mesenteric vein reconstruction in pancreatic resection based on perioperative outcomes. Langenbecks Arch Surg 399: 461-471, 2014.
11. Hirono S, Tani M, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Kitahata Y and Yamaue H. The carcinoembryonic antigen level in pancreatic juice and mural nodule size are predictors of malignancy for branch duct type intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas. Ann Surg 255: 517-22, 2012.
12. Hirono S, Tani M, Kawai M, Okada K, Miyazawa M, Shimizu A, Uchiyama K and Yamaue H. Identification of the lymphatic drainage pathways from the pancreatic head guided by indocyanine green fluorescence imaging during pancreaticoduodenectomy. Dig Surg 29: 132-9, 2012.
13. Hirono S, Yamaue H, Hoshikawa Y, Ina S, Tani M, Kawai M, Ushijima M, Matsuura M, Saiki Y, Saiura A, Yamamoto J, Miki Y and Noda T. Molecular markers associated with lymph node metastasis in pancreatic ductal adenocarcinoma by genome-wide expression profiling. Cancer Sci 101: 259-66, 2010.
14. Hirono S, Tani M, Kawai M, Ina S, Nishioka R, Miyazawa M, Fujita Y, Uchiyama K and Yamaue H. Treatment strategy for intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas based on malignant predictive factors. Arch Surg 144: 345-9, 2009.
15. Hirono S, Tani M, Kawai M, Ina S, Nishioka R, Miyazawa M, Shimizu A, Uchiyama K and Yamaue H. A central pancreatectomy for benign or low-grade malignant neoplasms. J Gastrointest Surg 13: 1659-65, 2009.
16. Hirono S, Tani M, Terasawa H, Kawai M, Ina S, Uchiyama K, Nakamura Y, Kakudo K and Yamaue H. A collision tumor composed of cancers of the bile duct and ampulla of Vater--immunohistochemical analysis of a rare entity of double cancer. Hepatogastroenterology 55: 861-4, 2008.
17. Hirono S, Ueno M, Takifuji K, Onishi H, Tani M, Uchiyama K, and Yamaue H. Successful interventional dilatation of a complicated stricture of the anastomotic colon: report of a case. Int Surg 92:311-313, 2007.
18. Hirono S, Sakaguchi S, Iwakura S, Masaki K, Tsuhada K, and Yamaue H. Omental torsion secondary to right inguinal hernia: case report and cumulative review of the English literature. Int Surg 92:187-191, 2007.
19. Hirono S, Tani M, Kawai M, Ina S, Uchiyama K and Yamaue H. Indication of hepatopancreatoduodenectomy for biliary tract cancer. World J Surg 30: 567-73; discussion 574-5, 2006.
20. Hirono S, Sakaguchi S, Iwakura S, Masaki M, Tsuhada K, and Yamaue H. Idiopathic isolated Omental panniculitis. J Clin Gastroenterol 39: 79-80, 2005.
21. Hirono S, Tanimura H, Yokoyama S, Uchiyama K, Tani M, Onishi H and Yamaue H. Clinical features of ciliated foregut cyst of the gallbladder: a rare entity of cystic lesion in the gallbladder. Dig Dis Sci 47: 1817-20, 2002.
学位 平成21年 11月 10日  医学博士 学位 甲 第405号取得
受賞 平成19年 膵臓病研究財団研究奨励賞
平成21年 国際膵臓研究フォーラム Best Poster Award賞
平成21年 日本消化器外科学会 優秀演題賞
平成22年 藤田記念財団研究奨励賞
平成22年 和歌山医学会青洲賞
平成22年 JDDW ポスター優秀演題賞
平成22年 若手研究奨励賞(和歌山県立医大)
平成23年 日本分子腫瘍マーカー研究会 優秀賞
平成23年 大阪癌研究会 一般学術研究助成金
平成24年 武田科学振興財団 医学系研究奨励賞
平成25年 若手研究奨励賞(和歌山県立医大)
平成25年 IAP & KPBA 2013 Young Investigator Award
平成25年 Society of Surgical Oncology 海外研修プログラム
平成26年 DDW 2014 Poster of Distinction
平成26年 日本消化器外科学会賞
平成26年 日本癌学会奨励賞
平成27年 膵臓病研究財団研究奨励賞
平成27年 JDDW ポスター優秀演題賞
平成29年 The 10th International Pancreatic Cancer Conference, 2017 Merit Award
平成30年 上原記念生命科学財団研究助成
学術研究助成基金助成金
2008-2009年 若手研究(B)研究代表者
2010-2011年 若手研究(B)研究代表者
2012-2014年 基盤研究(C)研究代表者
2015-2017年 基盤研究(C)研究代表者
2018-2020年 基盤研究(C)研究代表者
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本肝胆膵外科学会、日本膵臓学会、日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会、日本内視鏡学会、日本癌治療学会、日本癌学会、日本外科病理学会、日本胆道学会、近畿外科学会
社会貢献活動 日本消化器外科学会 評議員、専門医、指導医
日本消化器外科学会:会誌編集委員、医療安全委員、国際委員
日本肝胆膵外科学会 評議員
日本肝胆膵外科学会:広報委員、肝胆膵外科高度技能専門医ワーキンググループ委員
日本膵臓学会 評議員
日本膵臓学会:囊胞性膵腫瘍委員
日本外科病理学会 評議員
近畿外科学会 評議員