現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(辻 富基美)
ここから本文です

教員情報

氏名 辻 富基美 写真
所属 神経精神医学講座
連絡先  
主な担当科目  神経精神医学
主な研究テーマ 臨床てんかん学における病態解明・QOL改善
気分障害患者におけるリワークプログラムの有効性
地域精神医学における統合失調症、認知機能低下の検討
研究分野  精神神経科学 臨床てんかん学 
略歴  
主な著書・論文 辻富基美、Limbic seizure、てんかん学用語辞典、須貝研司、117、日本てんか
ん学会、東京、2017
辻富基美、てんかん、今日の診断のために ガイドラインガイライン診療2017、
泉孝英 P483-485、日経メディカル開発、東京、2017.
辻富基美、篠崎和弘、特殊な意識障害 通過症候群, 脳とこころのプライマリケ
アvol.5. 意識と睡眠. 千葉茂、P257-263、株式会社シナジー、東京、2012
辻富基美,篠崎和弘、経頭蓋磁気刺激(transcranial magnetic stimulation)、精
神医学キーワード事典、松下正明、中山書店、東京、2011
Yamada S, Takahashi S, Ukai S, Tsuji T, Iwatani J, Tsuda K, Kita A,
Sakamoto Y, Yamamoto M, Terada M, Shinosaki K.Microstructural
abnormalities in anterior callosal fibers and their relationship with
cognitive function in major depressive disorder and bipolar disorder: a
tract-specific analysis study.J Affect Disord. 15;174:542-8. 2015
Takahashi S, Ukai S, Tsuji T, Ueyama T, Kono M, Yamanaka N, Shinosaki K.
Reduction of cortical excitability and increase of thalamic activity in
a low-frequency rTMS treatment for chronic tinnitus. Neurocase.21(3).
339-44. 2015
Takahashi S, Ukai S, Tsuji T, Ueno M, Shinosaki K. Assessment of
psychiatric training program for non-psychiatric residents in a Japanese
postgraduate rotation system. Acad Psychiatry.35(6). 417-8. 2011
Tsuji T, Kawasaki J, Shiba M, Wada M, Yoshimasu F, Kanemoto K. Re-
examination of the value of localising aura sensations and lateralising
interictal epileptiform discharges in view of structural lesions
demonstrated by MRI.Seizure.12(8). 545-9. 2003
学位  医学博士
受賞  
所属学会  日本精神神経学会、てんかん学会、日本生物学的精神医学会、日本総合病院精神医学会
社会貢献活動