現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(猪野 靖)
ここから本文です

教員情報

氏名 猪野 靖 写真
所属 内科学第4講座(循環器内科)
連絡先  
主な担当科目 循環器内科学、虚血性心疾患、冠動脈カテーテルインターベンション
主な研究テーマ 冠動脈カテーテルインターベンション一般、冠動脈の血管内イメージング(光干渉断層法、血管内超音波など)、冠動脈ステント留置後の予後、光干渉断層法ガイド冠動脈カテーテルインターベンション、FFRによる病変評価
研究分野 循環器内科学
略歴 平成9年3月 福島県立医科大学医学部 卒業
平成9年4月 和歌山県立医科大学附属病院 診療医 臨床研修
平成11年4月 国立循環器病センター 心臓血管内科レジデント課程
平成14年5月 和歌山県立医科大学附属病院 救命救急センターCCU
平成17年4月 国立和歌山病院 循環器科 医師
平成21年4月 和歌山県立医科大学附属病院 循環器内科 助教
平成26年8月    同                講師
現在に至る
主な著書・論文 1. Ino Y, Kubo T, Kameyama T, et al.Clinical Utility of Combined Optical Coherence Tomography and Near-Infrared Spectroscopy for Assessing the Mechanism of Very Late Stent Thrombosis. J Am Coll Cardiol Image 2018; 5: 772-5.
2. Ino Y, Kubo T, Matsuo Y, et al. Optical coherence tomography predictors for edge restenosis after everolimus-eluting stent implantation. Circulation Cardiovasc Intervention. 2016 Oct;9(10). pii: e004231.
3. Ino Y, Kubo T, Tanaka A, et al. Comparison of Vascular Response Between Everolimus-Eluting Stent and Bare Metal Stent Implantation in ST-segment Elevation Myocardial Infarction Assessed by Optical Coherence Tomography Eur Heart J Cardiovasc Imaging.2015; 16:513–520.
4. Ino Y, Kubo T, Kitabata H,, et al. Difference of Neointimal Appearance between Early and Late Restenosis after Sirolimus-Eluting Stent Implantation Assessed by Optical Coherence Tomography. Coron Artery Dis 2013; 24: 95-101.
5. Ino Y, Kubo T, Tanaka A, et al. Difference of Culprit Lesion Morphologies Between ST-Segment Elevation Myocardial Infarction and Non-ST-Segment Elevation Acute Coronary Syndrome: An Optical Coherence Tomography Study. J Am Coll Cardiol Intv 2011; 4:76–82.
6. Ino Y, Kubo T, Kitabata H, et al. Impact of Hinge Motion on In-Stent Restenosis after Sirolimus-Eluting Stent implantation. Circ J 2011; 75: 1878-1884.
学位 平成23年12月 和歌山県立医科大学 博士号 取得
受賞 平成21年 日本冠疾患学会 優秀論文賞
所属学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本心臓病学会、日本冠疾患学会
社会貢献活動