現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(白井 聖一)
ここから本文です

教員情報

氏名 白井 聖一 写真
所属 内科学第2講座 (消化器内科)
連絡先  
主な担当科目  消化器内科
主な研究テーマ  肝癌の臨床・基礎
 胃癌検診
研究分野  消化器癌
略歴 2004 3 和歌山県立医科大学卒業
2004 4 和歌山県立医科大学附属病院 研修医
2006 4 和歌山県立医科大学附属病院第2内科 学内助手
2007 4 国立国際医療センター 消化器科 レジデント
2009 4 和歌山県立医科大学附属病院第2内科 学内助教
2011 4 和歌山県立医科大学附属病院第2内科 大学院入学
     (先端科学技術研究センター交流研究生)
2015 4 和歌山県立医科大学附属病院第2内科 学内助教
主な著書・論文 ・食道癌診療の進歩―現状と課題 食道癌の治療(6)緩和療法:白井聖一、井口幹崇、北野雅之:臨床消化器内科、査読無、Vol.32 No.9 1257-1263、2017年
・酸分泌抑制療法の課題と今後(3)その他の課題―肺炎・骨関節疾患・認知症など:白井聖一、前北隆雄、加藤順、北野雅之:臨床消化器内科、査読無、Vol.32 No.2 225-234、2017年
・A case of a giant glucagonoma with parathyroid hormone-related peptide secretion showing an inconsistent postsurgical endocrine status. Shirai K, Inoue I, Kato J, Maeda H, Moribata K, Shingaki N, Ueda K, Deguchi H, Maekita T, Iguchi M, Yanaoka K, Tamai H, Oka M, Kawai M, Yamaue H, Yasuoka H, Nakamura Y, Iso-O N, Ichinose M. Intern Med. 2011;50(16):1689-94. 2011 Aug 15
・Clinical features and risk factors of extrahepatic seeding after percutaneous radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. Shirai K, Tamai H, Shingaki N, Mori Y, Moribata K, Enomoto S, Deguchi H, Ueda K, Maekita T, Inoue I, Iguchi M, Yanaoka K, Oka M, Ichinose M.        Hepatol Res. 2011 Aug;41(8):738-45. doi: 10.1111/j.1872-034X.2011.00841.x. Epub 2011 Jun 23.
学位  なし
受賞  
所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会
社会貢献活動