現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(古田 浩人)
ここから本文です

教員情報

氏名 古田 浩人 写真
所属 内科学第1講座
連絡先  
主な担当科目 糖尿病・内分泌・代謝内科
主な研究テーマ 糖尿病の遺伝素因の解明
研究分野 糖尿病・内分泌・代謝
略歴  
主な著書・論文 総説
1. 古田浩人:遺伝因子を考慮した糖尿病治療、日本体質医学会雑誌、79:37-40, 2017.
2. 古田浩人:第5章 糖尿病の分類と成因、4その他の特定の機序、疾患によるもの、1.遺伝因子として遺伝子異常が同定されたもの.糖尿病専門医研修ガイドブック改訂第6版、日本糖尿病学会 編・著、診断と治療社、東京、p73-78, 2014
原著
1. Komori T, Tanaka M, Furuta H, Akamizu T, Miyajima A, Morikawa Y : Oncostatin M is a potential agent for the treatment of obesity and related metabolic disorders: a study in mice. Diabetologia. 58: 1868-1876, 2015
2. Shimada T, Furuta H, Doi A, et al. Des-acyl ghrelin protects microvascular endothelial cells from oxidative stress-induced apoptosis through sirtuin 1 signaling pathway. Metabolism. 63:469-74. 2014
3. Takagi T, Furuta H, Miyawaki M, et al. Clinical and functional characterization of the Pro1198Leu ABCC8 gene mutation associated with permanent neonatal diabetes mellitus. J Diabetes Investig. 4:269-73. 2013
学位 医学博士
受賞  
所属学会 日本内科学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会
社会貢献活動 和歌山県糖尿病対策会議委員、和歌山市糖尿病予防対策に係る連絡調整会議委員