現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 教員数、各教員の学位・業績等 > 各教員が有する学位及び業績(臨床医学講座) > 教員情報(赤水 尚史)
ここから本文です

教員情報

氏名 赤水 尚史 写真
所属 内科学第1講座、臨床検査医学講座
連絡先 電話 073-441-0624
FAX 073-445-9436
主な担当科目 内分泌代謝糖尿病学
主な研究テーマ 自己免疫性甲状腺疾患の病因と病態と新規治療
甲状腺クリーゼの病態解析と臨床研究
ペプチドホルモン・グレリンの生理作用の解明と臨床応用
神経内分泌腫瘍の発生機序
膵臓β細胞機能保全による糖尿病治療への応用
研究分野 内分泌学、糖尿病学、代謝学、甲状腺学、免疫学
遺伝学
略歴 1980年 京都大学医学部卒業、 同付属病院研修医
1981年 神戸市立中央市民病院内科研修医
1982年 同専攻医
1983年 京都大学大学院(第二内科)
1987年 米国NIH客員研究員
1990年 倉敷中央病院内科(内科医長)
1991年 京都大学臨床検査医学講座、助手
1996年 京都大学第2内科、助手
2000年 同講師
2001年 京都大学探索医療センター・助教授
2008年 同・特定教授(2012年3月まで兼任)
2010年 現職
2013年 臨床検査医学講座教授兼任
主な著書・論文 1. Akamizu T, Ikuyama S, Saji M, Kosugi S, Kozak C, McBride OW, Kohn LD: Cloning, chromosomal assignment, and regulation of the rat thyrotropin receptor: Expression of the gene is regulated by thyrotropin, agents that increase cAMP levels, and thyroid autoantibodies. Proc Natl Acad Sci USA, 87:5677-5681, 1990
2. 赤水尚史: バセドウ病の研究(Studies on Graves' disease)ー自己免疫・内分泌・レセプター抗体病として。京都大学学術出版、 pp1-199. 1994
3. Akamizu T, Matsuda F, Okuda J, Li H, Kanda H, Watanabe T, Honjo T, Mori T: Molecular analysis of stimulatory anti-thyrotropin receptor antibodies (TSAbs) involved in Graves' disease: Isolation and reconstruction of antibody genes, and production of monoclonal TSAbs. J Immunol, 157:3148-3152, 1996
4. Akamizu T, Moriyama K, Miura M, Saijo M, Matusda F, Nakao K: Characterization of recombinant monoclonal anti-thyrotropin receptor antibodies (TSHRAbs) derived from lymphocytes of patients with Graves’ disease: Epitope and binding study of two stimulatory TSHRAbs. Endocrinology, 140:1594-1601, 1999
5. Akamizu T, Kohn LD, Hiratani H, Saijo M, Tahara K, Nakao K: Hashimoto’s thyroiditis with heterogeneous anti-thyrotropin receptor antibodies: unique epitopes may contribute to the regulation of thyroid function by the antibodies. J Clin Endorinol Metab, 85: 2116-2121, 2000
6. Kim-Saijo M, Akamizu T, Ikuta K, Iida Y, Ohmori K, Matsubara K, Matsuda Y, Suzuki M, Matsuda F, Nakao K: Generation of a Transgenic Animal Model of Hyperthyroid Graves’ Disease. Eur J Immunol. 33: 2531-2538, 2003
7. Hiratani H, Bowden DW, Ikegami S, Shirasawa S, Shimizu A, Iwatani Y, Akamizu T: Multiple major alleles of SNPs in intron 7 of thyrotropin receptor are associated with Graves’ disease. J Clin Endocrinol Metab, 90:2898-903 2005.
8. Akamizu T, Kangawa K. The physiological significance and potential clinical applications of ghrelin. European J Internal Medicine, 2012 Apr;23(3):197-202
9. Akamizu T, Satoh T, Isozaki O, Suzuki A, Wakino S, Iburi T, Tsuboi K, Monden T, Kouki T, Otani H, Teramukai S, Uehara R, Nakamura Y, Nagai M, Mori M. Diagnostic criteria, clinical features, and incidence of thyroid storm based on a nationwide survey. Thyroid. 22(7):661-79. 2012
10. Satoh T, Isozaki O, Suzuki A, Wakino S, Iburi T, Tsuboi K, Kanamoto N, Otani H, Furukawa Y, Teramukai S, Akamizu T: 2016 Guidelines for the management of thyroid storm from The Japan Thyroid Association and Japan Endocrine Society (First edition). Endocr J. 2016 Dec 30;63(12):1025-1064
学位 1987 年 7月 医学博士(京都大学課程博士)
受賞 1994年   日本甲状腺学会・七条賞、1996年  日本内分泌学会・研究奨励賞、1999年  日本臨床分子医学会・学会賞、2000年  日本医師会医学研究助成、2003年  Kohn & Onaya Prize、 2006年  日本甲状腺学会・医学応用賞、 2010年  アジアオセアニア甲状腺学会・学会賞(Nagataki-Fuji film Prize)、2013年   日本甲状腺学会・三宅賞、  2015年  日本内分泌学会・学会賞、 2016年  橋本賞
所属学会 日本内分泌学会(副代表理事)、日本内科学会(理事)、日本甲状腺学会(監事、2013年-2017年10月理事長)、国際内分泌学会(理事)、アジアオセアニア甲状腺学会(President)、など
社会貢献活動