現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 各教員が有する学位及び業績 > 教員情報(村田 晋一)
ここから本文です

教員情報

氏名 村田 晋一(ムラタ シンイチ)
所属 病理学第二教室
職名 教授
連絡先
電話番号
073-441-0635
FAX番号
073-444-5777
E-mail
smurata@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 病理学
主な研究テーマ 1) 診断病理学的研究.
2) 腫瘍における構造異型および細胞異型の分子病理学的背景.
3) 定量的形態解析法の開発.
研究分野
(キーワード)
診断病理学、膀胱癌、甲状腺癌、Chromosome territory, FISH、FRET、Texture analysis.
略歴 1986年:富山医科薬科大学・卒業
1990年:京都府立医科大学大学院・修了
1990年:京都府立医科大学・第一病理学教室,助手
1995年:京都府立医科大学附属病院・病院病理部,助手
1998年:メリーランド大学・蛍光物理学センター及び病理学教室
2000年:京都府立医科大学・第一病理学教室,助手
2001年:山梨大学医学部・人体病理学教室,准教授
2007年:埼玉医科大学国際医療センター・病理診断科,教授
2012年~:和歌山県立医科大学・人体病理学教室,教授
主な著書・論文
(最近3年間)
【著書 (2010-2013)】
1) 村田晋一(編): 病理診断アトラス-臨床医のための病理診断アトラス. 第2巻, 東京, ベクトル・コア, 2010.
2) 日本泌尿器学会・日本病理学会: 腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約: 第1版. 東京, 金原出版, 2011.
3) 村田晋一: 病理診断報告書の記載, 坂本穆彦, 廣川満良 (編): 腫瘍病理鑑別診断アトラス 甲状腺癌. 東京, 文光堂, 2011.
4) 村田晋一: 病理標本の取扱い方, 非浸潤性平坦状尿路上皮腫瘍, 病理診断報告書の記載; 都築豊徳, 森永正二郎 (編): 腫瘍病理鑑別診断アトラス 腎盂尿管膀胱癌. 東京, 文光堂, 2012.

【英文論文 (2010-2013)】
1) Mochizuki K., Kondo T., Nakazawa T., Iwashina M., Kawasaki T., Nakamura N., Yamane T., Murata S., Ito K., Kameyama K., Kobayashi M., Katoh R.: RET rearrangements and BRAF mutation in undifferentiated thyroid carcinomas having papillary carcinoma components. Histopathology. 57: 444-450, 2010.
2) Murata S., Iseki M., Kinjo M., Matsuzaki O., Moriuchi A., Ohtani H., Sakurai T., Satake T., Tsuzuki T.: Molecular and immunohistologic analyses cannot reliably solve diagnostic variation of flat intraepithelial lesions of the urinary bladder. Am J Clin Pathol. 134: 862-872, 2010.
3) Shimamura Y., Abe T., Nakahira M., Yoda T., Murata S., Sugasawa M.: Immunohistochemical analysis of oral dysplasia: diagnostic assessment by fascin and podoplanin expression. Acta Histochem Cytochem. 44: 239-245, 2011.
4) Nakahira M., Saito N., Murata S. I., Sugasawa M., Shimamura Y., Morita K., Takajyo F., Omura G., Matsumura S.: Quantitative diffusion-weighted magnetic resonance imaging as a powerful adjunct to fine needle aspiration cytology for assessment of thyroid nodules. Am J Otolaryngol. 2012.
5) Shuto M., Seyama A., Gotoh Y., Kamada K., Nakamura M., Warigaya K., Watanabe H., Ueno M., Shimizu M., Fukuda T., Murata S.: Significant Correlation between Chromosomal Aberration and Nuclear Morphology in Urothelial Carcinoma. Acta Histochem Cytochem. 45: 25-33, 2012.
6) Shuto M., Warigaya K., Watanabe H., Shimizu M., Fukuda T., Murata S.: Correlation analysis of nuclear morphology, cytokeratin and Ki-67 expression of urothelial carcinoma cells. Pathology International 63:311-7, 2013.
学位 医学博士(京都府立医科大学(甲第444号)1990年)
受賞  
所属学会 日本病理学会,日本臨床細胞学会,日本組織細胞化学会,日本癌学会,日本内分泌病理学会
社会貢献活動