現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 各教員が有する学位及び業績 > 教員情報(赤水尚史)
ここから本文です

教員情報

氏名 赤水尚史(アカミズタカシ)
所属 内科学第一講座
職名 教授
連絡先
電話番号
073-441-0624
FAX番号
073-445-9436
E-mail
akamizu@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 内分泌代謝糖尿病学
主な研究テーマ 自己免疫性甲状腺疾患の病因と病態
甲状腺クリーゼの病態解析と臨床研究
ペプチドホルモン・グレリンの生理作用の解明と臨床応用
研究分野 内分泌学
糖尿病学
代謝学
甲状腺学
免疫学
遺伝学
略歴 昭和55年3月  京都大学医学部卒業
昭和55年6月  京都大学医学部付属病院研修医
昭和56年6月  神戸市立中央市民病院内科(研修医、内分泌専攻医)
昭和58年4月  京都大学大学院(第二内科)
昭和62年9月  米国NIH客員研究員
平成 2年8月  倉敷中央病院内科勤務(内科医長)
平成 3年9月  京都大学医学部臨床検査医学講座、助手
平成 8年4月  京都大学大学院医学研究科・第2内科、助手
平成12年3月  同上、講師
平成13年12月 京都大学医学部附属病院 探索医療センター・助教授
平成19年4月  同上、教授(産官学連携)
        (グレリン医療応用プロジェクト・プロジェクトリーダー)
平成22年9月  和歌山県立医科大学 教授(内科学第一講座)
主な著書・論文 1. Akamizu T, Iwakura H, Ariyasu H, et al. FD Clinical Study Team. Repeated administration of ghrelin to patients with functional dyspepsia: its effects on food intake and appetite. Eur J Endocrinol. 158(4):491-8, 2008
2. Ariyasu H, Iwakura H, Yamada G, Nakao K, Kangawa K, Akamizu T. Efficacy of Ghrelin as a therapeutic approach for age-related physiologic changes. Endocrinology. 149(7):3722-8, 2008
3. Takahashi K, Chin K, Akamizu T, et al., Acylated ghrelin level in patients with obstructive sleep apnoea before and after nasal CPAP treatment. Respirology. 13(6):810-6, 2008
4. Akamizu T, Iwakura H, Ariyasu H, et al. OA-THR Clinical Study Team. Effects of ghrelin treatment in patients undergoing total hip replacement for osteoarthritis: different outcomes from studies in patients with cardiac and pulmonary cachexia. Journal of American Geriatrics Society, 56:2363-2365, 2008
5. Iwakura H, Ariyasu H, Kanamoto K, Li Y, Yamada G, Hosoda K, Nakao K, Kangawa K, Akamizu T Establishment Novel Mouse Model of Neuroblastoma. International Journal of Oncology, 33(6):1195-9, 2008
6. Iwakura H, Ariyasu H, Li Y, Kanamoto N, Bando M, Yamada Go, Hosoda H, Hosoda K, Shimatsu A, Nakao K, Kangawa K, Akamizu T. A mouse model of ghrelinoma exhibited activated growth hormone-insulin-like growth factor I axis and glucose intolerance. Am J Physiol Endocrinol Metab. 297(3):E802-11, 2009.
7. Theil MM, Miyake S, Mizuno M, Tomi C, Croxford JL Hosoda H, Theil J, von H?rsten S, Yokote H, Chiba A, Lin Y, Oki S, Akamizu T, Kangawa K, Yamamura T. Suppression of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis by Ghrelin. J Immunol, 183(4):2859-66, 2009
8. Hotta M, Ohwada R, Akamizu T, et al. Ghrelin Increases Hunger and Food Intake in Patients with Restricting-type Anorexia Nervosa: A Pilot Study. Endocr J. 56:1119-1128, 2009.
9. Yamada G, Ariyasu H, Iwakura H, Hosoda H, Akamizu T, Nakao K, Kangawa K. Generation of transgenic mice overexpressing a ghrelin analog. Endocrinology. 151(12):5935-40, 2010
10. Ariyasu H, Iwakura H, Yamada G, Kanamoto N, Bando M, Kohno K, Sato T, Kojima M, Nakao K, Kangawa K, Akamizu T. A post-weaning reduction in circulating ghrelin temporarily alters GH responsiveness to GHRH in male mice, but does not affect somatic growth. Endocrinology. 151: 1743-50, 2010
11. Iwakura H, Li Y, Ariyasu H, Hosoda H, Kanamoto N, Bando M, Yamada Go, Hosoda K, Nakao K, Kangawa K, Akamizu T. Establishment of a novel ghrelin-producing cell line. Endocrinology. 151: 2940-5, 2010
学位 1987 年 7月 医学博士(京都大学課程博士)
受賞 平成6年 日本甲状腺学会・七条賞 
平成8年 日本内分泌学会・研究奨励賞
平成11年 日本臨床分子医学会・学会賞           
平成12年 日本医師会医学研究助成
平成15年 国際分子甲状腺シンポジウム:Kohn & Onaya Prize
平成18年 日本甲状腺学会・医学応用賞
平成22年 アジアオセアニア甲状腺学会・学会賞
所属学会 日本内科学会
日本内分泌学会
日本糖尿病学会
日本甲状腺学会
日本免疫学会
日本人類遺伝学会
日本臨床分子医学会
日本遺伝子診療学会
日本神経内分泌学会
Endocrine Society
American Thyroid Association
社会貢献活動