現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 各教員が有する学位及び業績 > 教員情報(井原 義人)
ここから本文です

教員情報

氏名 井原 義人(イハラ ヨシト)
所属 生化学教室
職名 教授
連絡先
電話番号
073-441-0628
FAX番号
073-441-0628
E-mail
y-ihara@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 生体物質の代謝(医学部)、分子生命科学概論(大学院)
主な研究テーマ (1)タンパク質の糖付加修飾C-/N-マンノシル化の細胞生物機能の解明(2)ERシャペロン・カルレティキュリンの生理機能とEMTにおける役割の解明(3)タンパク質のレドックス「酸化還元」制御による細胞シグナル伝達機構の解明
研究分野 生化学、分子生物学、細胞生物学、糖質科学、糖鎖生物学、ストレス応答、分子シャペロン、小胞体、酸化ストレス
略歴 1990年 徳島大学医学部医学科卒業、1994年 大阪大学大学院医学研究科博士課程修了、1994-1997年 大阪大学医学部助手(生化学)、1997-1998年 トロント大学生化学部門博士研究員、1998-2002年 長崎大学医学部講師(原爆後障害医療研究施設・分子病態生化学)、2002-2007年 同助教授、2007年-現在 和歌山県立医科大学医学部教授(生化学)
主な著書・論文 (1)Ihara Y.: Calreticulin. In “Encyclopedia of Cancer, 2nd Edition” (Ed) Schwab M, Springer-Verlag GmbH, Heidelberg, Germany, pp. 456-459, 2008. (2)Totani K., Ihara Y., Matsuo I., and Ito Y.: Effects of macromolecular crowding on glycoprotein processing enzymes. J. Am. Chem. Soc., 130, 2101-2107, 2008. (3)Shiraishi, N., Inai Y., and Ihara Y.: Proteinase K-resistant aggregates of recombinant prion protein PrP-(23-98) are toxic to cultured cells. Protein Peptide Lett., 16, 91-96, 2009. (4)Totani K., Ihara Y., Matsuo I., Tsujimoto T., and Ito Y.: The recognition motif of the glycoprotein-folding sensor enzyme, UDP-glc: glycoprotein glucosyltransferase. Biochemistry, 48, 2933-2940, 2009. (5)Ihara Y., Manabe S., Ikezaki M., Inai Y., In-Sook Lee Matsui., Ohta Y, Muroi E., and Ito Y.: C-Mannosylated peptides derived from the thrombospondin type 1 repeat interact with Hsc70 to modulate its signaling in RAW264.7 cells. Glycobiology, 20, 1298-1310, 2010. (6)Ihara Y., Inai Y., and Ikezaki M.,: Protein C-mannosylation and its prospective functions in the cell. Trends Glycosci. Glycotech., 2011, in press.
学位 1994年 医学博士(大阪大学 11250号)
受賞 1993年 第1回日本生化学会JB論文賞、2003年 第20回角尾学術賞(長崎大学医学部)
所属学会 日本生化学会、日本糖質学会、日本癌学会、米国生化学・分子生物学会、米国細胞生物学会
社会貢献活動