現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 各教員が有する学位及び業績 > 教員情報(重松 隆)
ここから本文です

教員情報

氏名 重松 隆(シゲマツ タカシ)
所属 腎臓内科・血液浄化センター
職名 教授
連絡先
電話番号
073-441-0638
FAX番号
073-441-0639
E-mail
taki@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 腎臓内科学
血液浄化医学
主な研究テーマ 慢性腎臓病の進展抑制の研究
慢性腎臓病に関連する骨ミネラル代謝異常の発症機序と新規治療法の研究
リン代謝異常と血管障害と老化進展機序の解明
末期腎不全患者の生命予後に対する影響因子の検討
血液浄化法の性能評価と新規治療法の開発
研究分野 慢性腎臓病に関連する骨ミネラル代謝異常(CKD-MBD)
Fibroblast Growth Factor 23
(FGF23)
血管石灰化
高リン血症とリン低下療法
血液浄化法
略歴 昭和56年3月 久留米大学医学部卒業
昭和59年4月 昭和大学歯学部生化学教室にて研究
昭和61年7月 東京慈恵会医科大学第二内科学講座助手
昭和63年3月 スイスGeneve大学医学部病態生理学教室に留学研究
平成6年5月 東京慈恵会医科大学第二内科学講座講師
平成10年4月 国立佐倉病院内科主任医長・透析センター室長
平成13年4月 東京慈恵会医科大学内科学講座(腎臓・高血圧内科)講師
平成17年6月 東京慈恵会医科大学内科学講座(腎臓・高血圧内科)助教授
平成18年4月 和歌山県立医科大学腎臓内科・血液浄化センター教授
平成20年3月 和歌山県立医科大学医学部附属病院臨床工学センター長(兼務)
現在に至る
主な著書・論文 論文
1.Improved assessment of aortic calcification in Japanese patients undergoing maintenance hemodialysis.
Ohya M, Otani H, Kimura K, Saika Y, Fujii R, Yukawa S, Shigematsu T.
Intern Med. 2010;49(19):2071-5.
2.Three-year extension study of lanthanum carbonate therapy in Japanese hemodialysis patients.
Shigematsu T; Lanthanum Carbonate Research Group.
Clin Exp Nephrol. 2010 Dec;14(6):589-97.
3.Fibroblast growth factor 23 production in bone is directly regulated by 1{alpha},25-dihydroxyvitamin D, but not PTH.
Saji F, Shigematsu T, Sakaguchi T, Ohya M, Orita H, Maeda Y, Ooura M, Mima T, Negi S.
Am J Physiol Renal Physiol. 2010 Nov;299(5):F1212-7.
4.Mild renal dysfunction is a risk factor for a decrease in bone mineral density and vertebral fractures in Japanese postmenopausal women.
Kaji H, Yamauchi M, Yamaguchi T, Shigematsu T, Sugimoto T.
J Clin Endocrinol Metab. 2010 Oct;95(10):4635-42.
5.Reduced expression of perlecan in the aorta of secondary hyperparathyroidism model rats with medial calcification.
Shibata M, Shigematsu T, Hatamura I, Saji F, Mune S, Kunimoto K, Hanba Y, Shiizaki K, Sakaguchi T, Negi S.
Ren Fail. 2010 Jan;32(2):214-23.
6.Mechanism of phosphate-induced calcification in rat aortic tissue culture: possible involvement of Pit-1 and apoptosis.
Mune S, Shibata M, Hatamura I, Saji F, Okada T, Maeda Y, Sakaguchi T, Negi S, Shigematsu T.
Clin Exp Nephrol. 2009 Dec;13(6):571-7..
7.Tolvaptan, a selective oral vasopressin V2 receptor antagonist, ameliorates podocyte injury in puromycin aminonucleoside nephrotic rats.
Okada T, Sakaguchi T, Hatamura I, Saji F, Negi S, Otani H, Muragaki Y, Kawachi H, Shigematsu T.
Clin Exp Nephrol. 2009 Oct;13(5):438-46.
8.Regulation of fibroblast growth factor 23 production in bone in uremic rats.
Saji F, Shiizaki K, Shimada S, Okada T, Kunimoto K, Sakaguchi T, Hatamura I, Shigematsu T.
Nephron Physiol. 2009;111(4):p59-66.
"9.Efficacy of once-weekly intravenous administration of epoetin-beta as a maintenance treatment for anemia in Japanese hemodialysis patients: a multicenter, open-label clinical study.
Shigematsu T, Takami H, Shimizu T, Shimoyama H, Kim S, Hirose S, Sakai T, Kono T, Mochizuki T, Nishio K, Degawa H, Motomiya Y.
Ther Apher Dial. 2008 Dec;12(6):469-74.
10.Multicenter prospective randomized, double-blind comparative study between lanthanum carbonate and calcium carbonate as phosphate binders in Japanese hemodialysis patients with hyperphosphatemia.
Shigematsu T; Lanthanum Carbonate Group.
Clin Nephrol. 2008 Nov;70(5):404-10.
11.Lanthanum carbonate treatment of patients with hyperphosphatemia undergoing CAPD.
Kawanishi H, Ishida M, Ishizaki M, Takuma Y, Tamura H, Kobayashi S, Tamura T, Ohashi H, Hiramatsu M, Minakuchi J, Hirakata H, Shigematsu T; Lanthanum Carbonate Study Group in Japan.
Perit Dial Int. 2008 Nov-Dec;28(6):673-5.
12.Osteoprotegerin affects the responsiveness of fibroblast growth factor-23 to high oral phosphate intake.
Kagami S, Ohkido I, Yokoyama K, Shigematsu T, Hosoya T.
Clin Nephrol. 2008 Oct;70(4):306-11.
13.Long-term cinacalcet HCl treatment improved bone metabolism in Japanese hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism.
Shigematsu T, Akizawa T, Uchida E, Tsukamoto Y, Iwasaki M, Koshikawa S; KRN1493 Study Group.
Am J Nephrol. 2009;29(3):230-6.
14.Low blood osteoprotegerin levels are a predictor to poor prognosis in Japanese patients on hemodialysis due to diabetic nephropathy.
Yokoyama K, Shigematsu T, Miyaki K, Hara S, Ohkido I, Hosoya T, Kono T, Yoshida T, Muramatsu M.
Ther Apher Dial. 2008 Jun;12(3):259-60.
学位 昭和63年2月 医学博士(東京慈恵会医科大学 第522号 甲種)
受賞 平成22年9月24-26日 ISBP(International Society of Blood Purification)Trustees Best Adstract Award
所属学会 International Society of Nephrology(国際腎臓学会)
American Society of Nephrology(米国腎臓学会)
日本透析医学会(理事,評議員,学術委員会委員,統計調査委員会委員,施設認定委員会委員長,編集委員会委員,専門委員会委員,医師・コメディカルスタッフの教育・研究体制の在り方ワーキンググループグループ長)
日本腎臓学会(法人評議員,慢性腎臓病対策委員会委員,卒前卒後教育委員会委員,編集委員会委員)
日本内科学会(専門医試験委員腎臓部門委員長)
日本透析医会
日本骨代謝学会
日本骨粗鬆症学会
日本リウマチ学会
日本アフェレシス学会
日本動脈硬化学会
日本糖尿病学会
日本臨床栄養学会
日中韓腎フォーラム(幹事)
腎と骨代謝研究会(世話人)
腎とポリスロポエチン研究会(世話人
日本腎性骨症研究会(世話人)
日本腎循環器病研究会(会長
透析導入研究会(STARTgroup)幹事長:事務局担当
ビタメンブレン研究会(幹事)
リン研究会(代表世話人)
社会貢献活動 独立行政法人医薬品医療機器総合医療機構専門委員
日本腎臓財団腎不全病態研究助成審査委員
厚生労働省委託透析療法合同委員会専門委員
厚生労働省医薬食品局ジェネリック医薬品検討ワーキンググループ員
日本腎臓学会official英文誌:Clinical Experimental Nephrology Associate Editor
雑誌「腎と骨代謝」編集委員