現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 各教員が有する学位及び業績 > 教員情報(前田 正信)
ここから本文です

教員情報

氏名 前田 正信(マエダ マサノブ)
所属 生理学第2講座
職名 教授
連絡先
電話番号
073-441-0623
FAX番号
073-441-0623
E-mail
masanobu@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 生理学
主な研究テーマ 中枢性循環調節の研究:様々な新規ペプチドを脳へ微量注入することによる循環変化の観察
循環調節、心臓血管中枢、延髄、ペプチド、血圧、心拍数、孤束核、腹外側部
様々な新規ペプチドの脳(心臓血管中枢、孤束核、延髄腹外側部)での循環(血圧、心拍数、局所血流量)への役割の解明
研究分野: 神経科学一般、生理学一般、環境生理学(含体力医学・栄養生理学)(国際共同研究) 1989-
脳・心臓へタンパク質を導入した時の生体機能の変化の観察
脳、心臓、タンパク質、直接導入
脳・心臓へタンパク質を導入した時の生体機能の変化を観察し、タンパク質治療という新しい治療法を模索する
研究分野: 神経科学一般、生理学一般、環境生理学(含体力医学・栄養生理学)(機関内共同研究) 2003-
研究分野 研究分野(科学研究費の分類)
神経科学一般
神経・筋肉生理学
生理学一般
環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

キーワード
循環生理学
自律神経生理学
中枢性循環調節
略歴 昭和54年3月 大阪市立大学医学部医学科 卒業
昭和54年4月 大阪市立大学医学部附属病院 脳神経外科 見学生
昭和54年6月 大阪市立大学医学部附属病院臨床研修医(脳神経外科)
昭和56年4月 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程外科系(脳神経外科学)専攻 入学
昭和60年3月 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程外科系(脳神経外科学)専攻 修了
昭和60年4月 大阪市立大学医学部生理学第一講座 助手
平成 元年2月 米国ニュージャージー医科歯科大学医学部ニュージャージー校にVisiting Professor として海外出張(2年間)
平成 3年7月 大阪市立大学医学部生理学第一講座 講師
平成 5年1月 産業医科大学産業生態科学研究所応用生理学研究室 助教授
平成 6年6月 ドイツ ハイデルベルグ大学生理学研究所に海外出張(約1ヵ月間)
平成 7年6月 ドイツ ハイデルベルグ大学生理学研究所に海外出張(約1ヵ月間)
平成12年9月 和歌山県立医科大学生理学第二講座 教授
平成16年4月 和歌山県立医科大学評議会 評議員(平成18年3月まで)
平成22年4月 和歌山県立医科大学 図書館長
現在に至る
主な著書・論文
本の編集、監訳
1. 前田正信(監訳)Allan Siegel, Hreday N. Sapru(著):
エッセンシャル神経科学 (Essential Neuroscience)
丸善株式会社, 東京, 2008, 574 pp.
2. Maeda, M., Ueta, Y., Waki, H., Paton, J.F.R. (Guest Editors):
Special Issue“New Insights into Central Control Mechanisms of Circulation”
A Special Issue Devoted to a Satellite Symposium of the 5th Congress of the
International Society for Autonomic Neuroscience, Wakayama, JAPAN, 2007
Autonomic Neuroscience: Basic & Clinical, 142 (1-2): pp.81, 2008.

著書
1. 和気秀文、前田正信(訳)Allan Siegel, Hreday N. Sapru(著):
自律神経系 (The Autonomic Nervous System)
前田正信(監訳)、エッセンシャル神経科学 (Essential Neuroscience).
丸善株式会社, 東京, 2008, pp. 373-398.(総ページ数, 574 pp.)
2. 湯川和典、向阪 彰、前田正信(訳)Allan Siegel, Hreday N. Sapru(著):
視床と大脳皮質 (The Thalamus and Cerebral Cortex)
前田正信(監訳)、エッセンシャル神経科学 (Essential Neuroscience).
丸善株式会社, 東京, 2008, pp. 454-481.(総ページ数, 574 pp.)
3. 前田正信(訳)Costanzo, L.S.(著):
第2章 循環生理学

丸善株式会社, 東京, 2009, pp. 55-123.(総ページ数, 392 pp.)
4. 向阪 彰、和気秀文、前田正信(訳)J. Rodney Levick(著):

岡田隆夫(監訳)、心臓・循環の生理学
メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2011, in press
5. 前田正信(訳)J. Rodney Levick(著):

岡田隆夫(監訳)、心臓・循環の生理学
メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2011, in press
6. 中村 健、前田正信(訳)J. Rodney Levick(著):

岡田隆夫(監訳)、心臓・循環の生理学
メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2011, in press

総説
1. Waki, H., Gouraud, S.S., Maeda, M., Paton, J.F.R.:
Specific inflammatory condition in nucleus tractus solitarii of the SHR: Novel insight for neurogenic hypertension?
Autonomic Neuroscience: Basic & Clinical, 142 (1-2): 25-31, 2008.
2. Maeda, M., Waki, H., Kohsaka, A., Yukawa, K., Nakamura, T.:
The Sympathoexcitatory Pathway from the CVL to the RVL for Controlling Brain Vessels
Tzu Chi Medical Journal, 20 (4): 243-247, 2008. (Invited paper, Invited Review)
3. Yukawa, K., Tanaka, T., Takeuchi, N., Waki, H., Kohsaka, A., Maeda, M.:
Controlling death-associated protein kinase activity to protect kidney cell suicide in renal ischemia-reperfusion injury.
Jpn. J. Clin. Physiol., 38 (6): 243-250, 2008.
4. Waki H, Gouraud S, Maeda M, Paton JF:
Evidence of specific inflammatory condition in nucleus tractus solitarii of neurogenic hypertension.
Exp Physiol., 95: 595-600, 2010.
5. 向阪 彰、前田正信:
分子時計によるエネルギー代謝調節
実験医学, 27 (7) (増刊) (通巻435号): 116 (1088) - 121 (1093), 2009.
6. 前田正信, 向阪 彰, 和気秀文, 中村 健:
自律神経の中枢性調節メカニズムと老年者の自律神経機能
老年消化器病, 21 (1): 49-52, 2009.

原著
1. Waki, H., Yamasaki, M., Katahira, K., Katsuda, S., Maeda, M., Shimizu, T.:
Developmental changes in functional characteristics of aortic baroreceptor afferents in rats. Experimental Physiology, 93 (3): 319-324, 2008.
2. Waki, H., Gouraud, S. S., Maeda, M., Paton, J.F.R.:
Gene expression profiles of major cytokines in the nucleus tractus solitarii of the spontaneously hypertensive rat.
Autonomic Neuroscience: Basic & Clinical, 142 (1-2): 40-44, 2008.
3. Cui, H., Kohsaka, A., Waki, H., Gouraud, S., Nakamura, T., Yukawa, K., Hatada, A., Bhuiyan, M.E.R., Maeda, M.:
Adrenomedullin 2 microinjection into the nucleus tractus solitarius elevates arterial pressure and heart rate in rats
Autonomic Neuroscience: Basic & Clinical, 142 (1-2): 45-50, 2008.
4. Yamazaki, T., Waki, H., Kohsaka, A., Nakamura, T., Cui, H., Yukawa, K., Maeda, M.:
Microinjection of urocortin into the rat nucleus tractus solitarii decreases arterial blood pressure
Autonomic Neuroscience: Basic & Clinical, 142 (1-2): 51-54, 2008.
5. Waki, H., Shimizu. T., Yamasaki, M., Katahira, K., Katsuda, S., Polson, J.W., Maeda, M.:
Ramp rate of blood pressure changes does not affect aortic afferent sensitivity in anesthetized rats.
Neuroscience Letters, 448 (1): 37-40, 2008.
6. Waki, H., Katahira, K., Yamasaki, M., Katsuda, S., Shimizu, T., Maeda, M.:
Cardiovascular regulation during upright standing behavior in conscious rats.
Neuroscience Letters, 449 (1): 10-14, 2009
7. Waki, H., Katahira, K., Yamasaki, M., Katsuda, S., Shimizu, T., Maeda, M.:
Chronic inhibition of standing behavior alters baroreceptor reflex function in rats.
Acta Physiologica (Oxf), 195 (3): 349-355, 2009.
8. Bhuiyan, M.E.R., Waki, H., Takagishi, M., Gouraud, S.S., Cui, H., Yamazaki, T., Kohsaka, A., Maeda, M.:
Complex cardiovascular actions of ?-adrenergic receptors expressed in the nucleus tractus solitarii of rats.
Experimental Physiology, 94 (7): 773-784, 2009
9. Yukawa K, Tanaka T, Takeuchi N, Iso H, Li L, Kohsaka A, Waki H, Miyajima M, Maeda M, Kikutani H, Kumanogoh A:
Sema4D/CD100 deficiency leads to superior performance in mouse motor behavior.
Can J Neurol Sci., 36 (*): 349-355, 2009.
10. Takagishi, M., Waki, H., Bhuiyan, M.E.R., Gouraud, S.S., Kohsaka, A., Cui, H., Yamazaki, T., Paton, J.F.R., Maeda, M.:
IL-6 microinjected in the nucleus tractus solitarii attenuates cardiac baroreceptor reflex function in rats.
American Journal of Physiology Regul Integr Comp Physiol 298 (1): R183-R190, 2010.
11. Gouraud, S.S., Waki, H., Bhuiyan, M.E.R., Takagishi, M., Cui, H., Kohsaka, A., Paton, J.F.R., Maeda, M.:
Down-regulation of chemokine Ccl5 gene expression in the NTS of SHR may be pro-hypertensive.
Journal of Hypertension, 2011, in press.
12. Gouraud, S., Waki, H., Bhuiyan, M.E.R., Takagishi, M., Kohsaka, A., Maeda, M.:
Increased anti-apoptotic conditions in the nucleus tractus solitarii of spontaneous hypertensive rat.
Autonomic Neuroscience: Basic & Clinical, 2011, in press.
13. Cui, H., Kohsaka, A., Waki, H., Bhuiyan, M.E.R., Gouraud, S., Maeda, M.:
Metabolic Cycles Are Linked to the Cardiovascular Diurnal Rhythm in Rats with Essential Hypertension.
PLoS ONE, 2011, in press.
14. 前田正信, 向阪 彰, 岸岡史郎, 岩橋秀夫, 池田裕明, 竹下達也, 宮下和久, 有田幹雄, 冨田耕太郎, 和気秀文:
柿による悪酔い防止の生理学的研究
自律神経, 47 (1): 32-38, 2010.

その他
1. Maeda, M., Waki, H., Ueta, Y., Paton, J.F.R.:
Editorial
New insights into central control mechanisms of circulation
A Satellite Symposium of the 5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007) Wakayama City (October 3rd 2007)
Autonomic Neuroscience: Basic & Clinical, 142 (1-2): 1-2, 2008.
2. 前田正信,冨田耕太郎,岸岡史郎,岩橋秀夫,池田裕明,有田幹雄,竹下達也,宮下和久:
柿による悪酔い防止の生理学的研究
平成19年度大学等地域貢献促進事業成果報告書, 和歌山県企画部企画政策局企画総務課, 2008, pp. 14-25.(総ページ数, 73 pp.)
3. 前田正信, 岡部繁男, 柴田洋三郎, 岡田泰伸:
OPINION
日本解剖学会・日本生理学会による「基礎医学教育・研究」アンケート結果について
日本生理学雑誌, 71 (3): 81-132, 2009.
4. 岡田泰伸, 前田正信:
基礎医学教室の現状に対する日本生理学会としての取り組み
RECORDS
日本生理学雑誌, 71 (9): 289-290, 2009.
学位 昭和60年 3月 医学博士(大阪市立大学医学博士 第1756号)
受賞 平成 9年 5月 ブルガリア病態生理学会名誉会員(Honorable Member: Bulgarian Association of Clinical and Experimental Pathophysiology)
平成10年 3月 沖永賞受賞(分担執筆の著書「労働衛生スタッフのための 職場復帰の理論と実際」に対して)
平成10年12月 第3回木村記念循環器財団奨励賞受賞
平成22年10月 韓国生理学会からの特別講演に対しての感謝状(Appreciation presented to Prof. Masanobu Maeda from the Korean Physiological Society)
所属学会 日本生理学会   評議員、常任幹事、将来計画委員会委員長
日本神経科学学会 
日本自律神経学会 評議員
日本分子生物学会
日本心脈管作動物質学会
日本脳循環代謝学会
日本脳神経外科学会
脳神経外科コングレス
日本産業衛生学会
アンチセンスDNA/RNA研究会
日本遺伝子治療学会
日本高血圧学会
脳血管シンポジウム 世話人
和歌山医学会 評議委員、編集幹事

国際学会
米国生理学会(The American Physiological Society)
北米神経科学学会(Society for Neuroscience)
米国心臓財団(American Heart Association Scientific Council on Circulation)
国際脳循環代謝学会(International Society for Cerebral Blood Flow and Metabolism)
国際自律神経科学学会(International Society for Autonomic Neuroscience)

Honorable Member
Bulgarian Association of Clinical and Experimental Pathophysiology(平成9(1997)年5月31日)
(名誉会員:ブルガリア病態生理学会)

社会貢献活動 関西電力株式会社和歌山支店エネルギー懇話会 委員
産業医科大学和歌山同門研修会 会長

学会主催(会長等)
The 18th UOEH International Symposium "Control Mechanisms of Stress and Emotion in Occupational and Environmental Health: Neuroendocrine Based Studies" の事務局長Secretary General
第95回近畿生理学談話会 当番幹事
第13回脳血管シンポジウム 当番世話人 
国際生理学会IUPS 2009 (International Union of Physiological Sciences 2009)
拡大組織委員会委員
国際生理学会IUPS 2009 (International Union of Physiological Sciences 2009)
会場・ソーシャル委員会 副委員長
第30回循環グループディナー代表者 世話人
国際自律神経科学会サテライトシンポジウム「循環の中枢性調節:最新の知見と将来への展望」 会長 (Satellite Symposium of the 5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007) --- New Insights into Central Control Mechanisms of Circulation ---) 会長
s