現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表 > 入学、卒業後の進路状況 > 入学者受入方針(アドミッションポリシー)
ここから本文です

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

保健看護学研究科 博士前期課程

本学大学院保健看護学研究科(博士前期課程)は、広い視野と高邁な倫理観に立って保健看護学の学識を授け、この分野における研究および高度専門職を担うための卓越した能力を培うことで、保健・医療・福祉におけるニーズへの対応や、健康に関連する様々な分野との連携を図ることのできる、資質の高い保健看護専門職者および健康関連専門職者の育成を目的とします。

そのため保健看護学研究科(修士課程)では、以下のような学生を求めます。

  1. 保健看護学分野における専門性を高めるための研究に意欲をもつ人
  2. 保健看護学以外の領域で学んだ知識と技能を保健看護学の研究へ応用、発展しようとする人
  3. 本課程で学ぶ知識と技能を医療や医療以外の領域へ応用、発展しようとする人
  4. 地域医療への貢献を研究的視点にもつ人

保健看護学研究科 博士後期課程

本学大学院保健看護学研究科(博士後期課程)は、高度先進的かつ横断的な大学院教育による保健看護学研究の推進を通じて、自立して研究を行える高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識をもつ保健看護学の教育・研究者の育成を目的とします。

そのため保健看護学研究科(博士後期課程)では、以下のような学生を求めます。

  1. 保健看護学に関する高い関心と研究への強い意欲をもつ人
  2. 保健看護学の発展と社会福祉の向上に熱意を持つ人
  3. 保健看護学への貢献を研究的視点に持つ人
  4. 保健看護学の専門職業人として、高度な専門知識の更新、リカレント教育に取り組もうとしている人