現在表示しているページ
ホーム > 診療科・中央部門のご案内 > 総合周産期母子医療センター > 総合周産期母子医療センター・母体胎児部門
ここから本文です

診療科・中央部門のご案内

総合周産期母子医療センター・母体胎児部門

部門紹介

和歌山県立医科大学附属病院総合周産期母子医療センター母体胎児部門は、母体胎児集中治療室(MFICU)3床と一般産科病床22床を有し、妊娠22週から30週未満の切迫早産、ハイリスク合併妊娠、多胎妊娠、分娩時の大量出血や産科救急疾患などあらゆる母体搬送に24時間体制で対応しています。遠方からの緊急搬送の依頼に対しては、産婦人科の医師が同乗してドクターヘリによる母体搬送も行っています。当院の分娩数は年間約600件で、地域の要請に応える為に県内在住の方の正常分娩も可能な限り受け入れるようにしております。2006年から開始された周産期(母体)専門医制度に基づく母体胎児専門医の育成にも努めており、県内の母体胎児専門医は2人となっています。

県外在住の妊婦さんへのお願い

近年の当院での分娩数の増加により満床になることが多く、現状では緊急の母体搬送に対応できない事態が起こりかねません。
そこで、県外在住の方で正常に経過している妊婦さんの里帰り分娩は当院以外の施設で行っていただいております。県外在住の妊婦さんの診察・分娩につきましては和歌山周産期情報センター(電話:073-441-0823)で和歌山市近隣の他の分娩取り扱い施設をご案内させていただきます。総合周産期母子医療センターの特殊性を鑑み、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

スタッフ紹介(2015年4月現在)

役職 氏名
産科婦人科学講座 教授
総合周産期母子医療センター長
井箟 一彦
総合周産期母子医療センター 病院教授
総合周産期母子医療センター・副センター長
南 佐和子
産科婦人科学講座 助教 八木 重孝
  馬淵 泰士
周産期医療支援学講座 助教 太田 菜美
産科婦人科学講座 助教 城 道久
周産期医療支援学講座 助教 小林 彩
 産科婦人科学講座 助教 谷崎 優子
総合周産期母子医療センター
 学内助教/大学院生
山本 円
  南條 佐輝子
 産科婦人科学講座 学内助教/大学院生 溝口 美佳
  八幡 環
 総合周産期母子医療センター 学内助教 小林 智子
 産科婦人科学講座 学内助教/後期研修医 岩橋 尚幸
  島 佳奈子
  中田 久実子
  野口 智子

このページのトップに戻る

対象疾患

正常分娩、切迫早産、妊娠高血圧症候群、多胎などをはじめとするハイリスク妊娠全般 胎児心奇形などの胎児疾患の診断、治療

入院症例

  2010年 2011年 2012年 2013年
分娩数 567 587 599 595
多胎数 27 23 20 25
帝王切開数 183 186 179 174