現在表示しているページ
ホーム > 採用情報 > 先輩ナースの声
採用情報

先輩ナースの声

当院で働く看護師の声を紹介します。

8階西病棟  田井 沙也加

看護師経験年数12年目になります。整形外科・形成外科・リハビリテーション科の混合病棟で働いています。患者さんの回復過程に関わることが多い病棟なので、1日1日ADLが改善・向上していく姿に自然と明るい言葉がでてきます。
また一方で四肢切断や脊髄損傷などの患者さんと病気の受容過程に寄り添った看護も必要になります。いずれにおいても、在宅での生活を見据えた関わりが入院時より必要となります。日々悩むこともありますが、相談できる上司や仲間、患者支援センターのスタッフとも連携し退院に向けた関わりを行なっています。また、新人看護師や若いスタッフを指導する機会も多いです。覚えることも多く、また患者さんとの関わりでも悩むこともありますが、全力でサポートしていこうと考えています。

7階西病棟  山田 紫鈴

今まで脳神経外科、耳鼻咽喉科、救急科、循環器内科の病棟で働き、たくさんの患者・家族と出会いかかわらせていただきました。患者や家族にとっての人生の中のしんどく辛い時間に携わることができ、その時間の中で、少しでも支えられる存在でありたいと思っています。
また、毎日の患者の小さな変化に気づき、できることが増えたときには一緒に喜び合える看護師でいたいと思っています。これからも患者と同じ方向を向きながら、日々成長できるよう頑張っていきたいです。

7階CCU  大石 芳弘

看護師経験11年目になります。集中治療の現場で働いてきました。患者さんの生命の危機に直面することが多く、命の尊さを感じる場面が多くあります。やりがいや面白さを感じる時もありますが、看護師という仕事は多種多様であり、患者さんの命を預かる本当に大変な仕事だと日々感じて働いています。妻も看護師で勤務しており、互いに協力しながらキャリアアップを目指し、がんばっています。