現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 医学部 > 医学部 各教室一覧 > 外科学第一講座
ここから本文です

外科学第一講座

教室概要

和歌山県立医科大学の外科学教室は昭和20年に始まり、昭和31年に第1外科と第2外科の2講座制となり、さらに昭和46年に第一外科より脳神経外科、麻酔科、胸部外科に分かれ、岡田浪速教授が胸部外科初代教授として就任し、昭和60年に内藤泰顯教授が第2代目の教授に就任した。平成7年に大学の機構改革により胸部外科から外科学第一講座に改称され、平成13年に岡村吉隆教授が第3代目の教授に、平成28年6月に西村好晴教授が第4代目の教授に就任し現在に至っている。心臓血管外科、呼吸器外科、乳腺外科の3分野の診療、教育、研究を行っている。

専門分野別の概要

心臓血管外科グループ

心臓血管外科は狭心症、弁膜症、大動脈瘤から末梢血管、小児心臓手術にいたるまですべての領域をカバーしており、手術件数は年々増加しています。2015年度の総手術数は425例、内、開心術は269例でした。また、ステントグラフト内挿術、経カテーテル大動脈弁置換術などの低侵襲手術を積極的に導入しています。また基礎的研究として心筋再生医療に取り組んでいます。県内での心臓血管外科のニーズは高く、さらに教室を発展させるためにはより多くの若手医師が必要です。

呼吸器乳腺外科グループ

最新の医療技術を日常の診療に展開することを目標としています。特に、切除組織を用いた肺癌での抗癌剤感受性試験については、全国で最も臨床応用が進んでいる施設の一つで、これに基づいた抗癌剤治療は、これまでも非常に良好な治療成績を上げてきました。また、胸腔鏡手術などの低侵襲な内視鏡手術を積極的に施行しており、現在では呼吸器外科手術件数の半分以上が内視鏡手術です。乳癌外科領域では、2000年よりセンチネルリンパ節生検を導入しました。呼吸器・乳腺領域の2014年の手術件数は、448件でした。

県内全域の関連病院の呼吸器乳腺外科の施設へ医師を派遣しています。肺癌、乳癌は現在も年々増加傾向にあるため、呼吸器・乳腺外科医の需要は今後、増加していくものと考えられます。現在も、県内の複数の病院から医師派遣の依頼が来ています。

スタッフ紹介(2017年7月現在)

教授 西村 好晴 昭和62年和歌山県立医科大学卒 心臓血管外科
准教授 尾浦 正二 昭和59年和歌山県立医科大学卒 乳腺外科
准教授 吉増 達也 昭和63年和歌山県立医科大学卒 呼吸器外科
講師 本田 賢太朗 平成14年和歌山県立医科大学卒 心臓血管外科
講師 川後 光正 平成15年和歌山県立医科大学卒 呼吸器外科
助教 湯崎 充 平成15年和歌山県立医科大学卒 心臓血管外科
助教 平井 慶充 平成17年和歌山県立医科大学卒 呼吸器外科・乳腺外科
助教 仲井 健朗 平成18年和歌山県立医科大学卒 心臓血管外科
助教 宮坂 美和子 平成18年和歌山県立医科大学卒 呼吸器外科・乳腺外科
助教 大橋 拓矢 平成19年群馬大学医学部卒 呼吸器外科・乳腺外科
助教 國本 秀樹 平成22年和歌山県立医科大学卒 心臓血管外科
学内助教 西口 春香 平成20年聖マリアンナ医科大学卒 呼吸器外科・乳腺外科
学内助教 矢田 由美 平成21年島根大学医学部卒 呼吸器外科・乳腺外科
学内助教 青石 裕香 平成24年和歌山県立医科大学卒 呼吸器外科・乳腺外科
学内助教 房本 安矢 平成26年和歌山県立医科大学卒 呼吸器外科・乳腺外科

研究テーマ

心臓血管外科領域

  • 冠動脈バイパス術におけるバイパスグラフトの評価法
  • 急性大動脈解離に対する open stent graft 法
  • 弓部大動脈瘤手術における脳保護法
  • 先天性心疾患会心術における血流解析技術の導入
  • 不全心に対する心筋再生療法の基礎的研究

呼吸器乳腺外科領域

  • 癌転移の臓器特異性決定機構の解析
  • 肺気腫患者に対する再生医療の開発
  • 乳癌の新規MRI画像診断技術の開発
  • 胸部CTの肺結節自動診断技術の開発
  • 抗癌剤治療におけるhormesis抑制療法の開発
  • 完全鏡視下胸腔鏡手術における新規技術の開発

最近の業績

  • 心臓血管外科領域
  • 呼吸器乳腺外科領域

心臓血管外科領域

  1. Honda K, Okamura Y, Nishimura Y, Uchita S, Yuzaki M, Kaneko M, Yamamoto N, Kubo T, Akasaka T:Graft flow assessment using a transit time flow meter in fractional flow reserve-guided coronary artery bypass surgery.
    J Thorac Cardiovasc Surg. 2015 Jun;149(6):1622-8.
  2. Honda K, Okamura Y:Mechanical valves and anticoagulation in pregnancy.Circ J. 2014;78(4):825-6.
  3. Honda K, Okamura Y:Prosthesis-patient mismatch in aortic stenosis.Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2014 Feb;62(2):78-86
  4. Nakai M, Sato H, Sato M, Ikoma A, Minamiguchi H, Kawai N, Sonomura T, Nishimura Y, Okamura Y:Successful endovascular treatment of iliac arteriovesical fistula with secondary stent-graft infection.J Vasc Interv Radiol. 2013 Sep;24(9):1409-12.
  5. Honda K, Okamura Y, Nishimura Y, Uchita S:Migration of the ringed ePTFE graft into the small intestine.J Vasc Surg. 2013 Feb;57(2):525.
  6. Honda K, Okamura Y, Nishimura Y, Hirata K:Three-dimensional echocardiography and operative imaging of a false tendon connecting the left atrial wall to the anterior mitral leaflet.Eur Heart J. 2013 Jan;34(4):318.
  7. Honda K, Okamura Y, Nishimura Y, Uchita S:Internal thoracic artery as an abnormal collateral source to the visceral organs in coronary surgery.Ann Thorac Surg. 2011 Dec;92(6):2270.
  8. Nishimura Y, Honda K, Toguchj K, Uchita S, Okamura Y:A rare case of an extracardiac unruptured aneurysm of the sinus of valsalva in a patient with single coronary artery.
    Ann Thorac Surg. 2011 Sep;92(3):1113-5.
  9. Yamamoto S, Yoshimasu T, Nishimura Y, Uchita S, Toguchi K, Honda K, Okamura Y:In vitro evaluation of the effect of cardiac surgery on cancer cell proliferation.Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2011;17(3):260-6.
  10. Honda K, Okamura Y, Nishimura Y, Hayashi H:Patch repair of a giant left ventricular pseudoaneurysm after mitral valve replacement.
    Ann Thorac Surg. 2011 May;91(5):1596-7.
  11. Hatada A, Okamura Y, Kaneko M, Hisaoka T, Yamamoto S, Hiramatsu T, Nishimura Y:Comparison of the waveforms of transit-time flowmetry and intraoperative fluorescence imaging for assessing coronary artery bypass graft patency.Gen Thorac Cardiovascrg. 2011 Jan;59(1):14-8.
  12. Hatada A, Okamura Y, Kaneko M, Hisaoka T, Yamamoto S, Hiramatsu T, Nishimura Y:Twenty-six-year durability of an Ionescu-Shiley standard profile pericardial aortic valve.Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2010 Feb;10(2):315-6.
  13. Nishimura Y, Okamura Y, Uchita S, Honda K:Abrupt rupture of an aortic arch aneurysm into the pulmonary artery.Eur J Cardiothorac Surg. 2009 Jul;36(1):212-3.
  14. Nishimura Y, Okamura Y, Uchita S, Honda K:Relation of waveform of transit-time flow measurement and graft patency in coronary artery bypass grafting.J Thorac Cardiovasc Surg. 2007 Sep;134(3):789-91.

呼吸器乳腺外科領域

  1. Yoshimasu T, Ohashi T, Oura S, Kokawa Y, Kawago M, Hirai Y, Miyasaka M, Nishiguchi H, Kawashima S, Yata Y, Honda M, Fujimoto T, Okamura Y:A Theoretical Model for the Hormetic Dose-response Curve for Anticancer Agents.Anticancer Res. 2015 Nov;35(11):5851-5.
  2. Ohashi T, Yoshimasu T, Oura S, Kokawa Y, Kawago M, Hirai Y, Miyasaka M, Aoishi Y, Kiyoi M, Nishiguchi H, Honda M, Okamura Y:Class III Beta-tubulin Expression in Non-small Cell Lung Cancer: A Predictive Factor for Paclitaxel Response.Anticancer Res. 2015 May;35(5):2669-74.
  3. Yoshimasu T, Kawago M, Hirai Y, Ohashi T, Tanaka Y, Oura S, Okamura Y:Fast Fourier transform analysis of pulmonary nodules on computed tomography images from patients with lung cancer.Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2015;21(1):1-7.
  4. Kawago M, Yoshimasu T, Tabata Y, Yamamoto M, Hirai Y, Kinoshita T, Okamura Y:Intrapleural administration of gelatin-embedded, sustained-release basic fibroblast growth factor for the regeneration of emphysematous lungs in rats.J Thorac Cardiovasc Surg. 2014 May;147(5):1644-9.
  5. Tanaka Y, Yoshimasu T, Oura S, Hirai Y, Kawago M, Ikeda M, Okamura Y:Preoperative serum pyridinoline cross-linked carboxy-terminal telopeptide of type I collagen level predicts postoperative distant metastasis in patients with non-small-cell lung cancer.
    Eur J Cardiothorac Surg. 2013 Sep;44(3):539-43.
  6. Hirai Y, Muragaki Y, Itoh S, Oikawa K, Juri M, Kondo T, Okamura Y:Fibulin-5 protein is reduced in the lung of patients with spontaneous pneumothorax who are under 25 years old.Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2012;18(3):200-5.
  7. Yoshimasu T, Oura S, Ohta F, Hirai Y, Naito K, Nakamura R, Nishiguchi H, Hashimoto S, Kawago M, Okamura Y:Epidermal growth factor receptor mutations are associated with docetaxel sensitivity in lung cancer.J Thorac Oncol. 2011 Oct;6(10):1658-62.
  8. Hirai Y, Yoshimasu T, Oura S, Ota F, Naito K, Nishiguchi H, Hashimoto S, Okamura Y:Is class III beta-tubulin a true predictive marker of sensitivity to vinorelbine in non-small cell lung cancer? Chemosensitivity data evidence.Anticancer Res. 2011 Mar;31(3):999-1005.
  9. Yoshimasu T, Oura S, Hirai I, Tamaki T, Kokawa Y, Ota F, Nakamura R, Shimizu Y, Kawago M, Hirai Y, Naito K, Kiyoi M, Tanino H, Okamura Y, Furukawa T:In vitro evaluation of dose-response curve for paclitaxel in breast cancer.Breast Cancer. 2007;14(4):401-5.
  10. Oura S, Tamaki T, Hirai I, Yoshimasu T, Ohta F, Nakamura R, Okamura Y:Radiofrequency ablation therapy in patients with breast cancers two centimeters or less in size.Breast Cancer. 2007;14(1):48-54.
  11. Yoshimasu T, Miyoshi S, Oura S, Hirai I, Kokawa Y, Okamura Y:Limited mediastinal lymph node dissection for non-small cell lung cancer according to intraoperative histologic examinations.J Thorac Cardiovasc Surg. 2005 Aug;130(2):433-7.
  12. Yoshimasu T, Sakurai T, Oura S, Hirai I, Tanino H, Kokawa Y, Naito Y, Okamura Y, Ota I, Tani N, Matsuura N:Increased expression of integrin alpha3beta2 in highly brain metastatic subclone of a human non-small cell lung cancer cell line.Cancer Sci004 Feb;95(2):142-8.
  13. Yoshimasu T, Kokawa Y, Oura S, Hirai I, Sasaki R, Tanino H, Sakurai T, Okamura Y:Time course of carcinoembryonic antigen after resection of lung cancer: a predictor of recurrence.Cancer Sci. 2003 Aug;94(8):741-4.

関連情報

※上記のページは第1外科の責任において作成されています。