現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 医学部 > 医学部 各教室一覧 > 人体病理学講座
ここから本文です

人体病理学講座

教室概要

和歌山県立医科大学人体病理教室(旧第二病理学教室)は、昭和32年に岡野錦弥先生が初代教授として赴任されて以来、55年超にわたる歴史ある教室です。2015年1月からは、新設された附属病院病理部と合体し、大学・大学院の教室名を第二病理学教室から人体病理学教室へ名称変更し、基礎系講座から臨床系講座に所属変更となりました。また、附属病院科名を病理診断科と標榜することになりました。

現在、臨床病理学の分野では、臨床医療チームの一員としての病理学の役割が年々重要になっており、それに相関して病理診断の質的向上が求められています。一方で、基礎的病理学の分野では先端医学に呼応した研究が求められています。当教室は、病理診断を中心とした臨床病理学、臨床病理を支える基礎病理学および教育を三本柱にし、これらをうまく融和させた教室を構築したいと考えています。

教室員一同、微力ながら、さらに研鑽を積み、活力ある病理学を目指すべく、努力していく所存です。

スタッフ紹介(2018年4月現在)

役職 氏名 学会認定
教授 村田 晋一 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
講師 小島 史好 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
講師 藤本 正数 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
助教 割栢 健史 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
助教 岩橋 吉史  
助教 高橋 祐一  
助教 松﨑 生笛 日本臨床細胞学会細胞診細胞検査士
非常勤医師 赤松 裕子 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
非常勤医師 原 重雄 神戸市立医療センター中央市民病院 病理診断科所属
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
秘書 生駒 左江加  

病理診断概要

本教室は、和歌山県立医科大学附属病院の病理診断科を担当しており、当附属病院の病理検体、市中病院の病理検体、コンサルテーション症例および病理解剖を中心に病理診断と病理医・細胞検査士の育成を行っています。病理医・細胞検査士のいずれの方も、組織診および細胞診の両方を学んでいます。具体的には、日常の病理診断や病理解剖、臨床科とのカンファレンス、および毎週のスライドカンファレンスや抄読会を通して、病理診断を体系的かつ論理的に学ぶことを目指しています。また、病理所見の中から新しい知見や研究テーマを見いだすことを重要と考え、病理所見の取り方および病理総論的・各論的診断アプローチの仕方を重点に教育を行っています。さらに、京都府立医科大学、山梨大学、埼玉医科大学などの協力校と連携した教育を行います。

研究概要

診断病理学的研究と基礎病理学的研究の融合を目指しています。現在、下記の研究課題について研究を進めています。具体的には人体病理学教室のホームページ(下記リンク)をご覧ください。

  1. 診断病理学的研究: 組織診検体や細胞診検体を用いた臨床病理学的研究。
  2. 蛍光特性、デジタル画像解析技術およびパターン認識技術を用いた定量的形態解析法の開発。
  3. 腫瘍における構造異型および細胞異型形成の分子病理学的背景の研究。

教育概要

学生教育

医学部4年生の病理診断学の講義と実習を担当しています。また、少数の希望学生に対して、週一回の体験型病理勉強会を行っています。内容は、病理診断の疑似体験を通して病理学のみならず、解剖組織学、生理学、細胞生物学、生化学および臨床について幅広く学習し、将来、臨床医になるに当たっての糧になることを目指しています。

前期および後期研修医

将来、病理医を目指したい先生や臨床医になる予定だが病理を勉強したい先生を対象に研修プログラムに沿った教育を行っています(詳細は人体病理学教室ホームページ)。基本的には、日常の病理診断、病理解剖、病理スライドカンファレンスや抄読会および臨床科とのカンファレンスを通して、病理診断を体系的かつ論理的に学ぶことを目指しています。

大学院生

修士課程・博士課程に関わらず、仮説立案、研究設計・遂行、学会発表・論文作成を自立して行える研究者を育成することを目標としています。

関連情報

※上記のページは人体病理学教室の責任において作成されています。

問い合わせ先
和歌山県立医科大学・人体病理学教室(病理診断科)
代表:教授 村田 晋一
〒641-8509 和歌山市紀三井寺811番地1
Tel.  073-441-0635 (教室直通)/Fax.  073-444-5777